COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

ボトックス注射で歯ぎしりの改善を目指そう!メリットやデメリットも紹介

歯ぎしりや食いしばりをする癖に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

マウスピースを装着したり、矯正治療をしたりなどの改善方法はありますが、どれも費用が高く、手を出せない方も少なくありません。

そこでおすすめなのがボトックス注射です。

本記事では、ボトックス注射による歯ぎしり改善について詳しく解説していきます。

ボトックス注射のメリットやデメリットも紹介しているので、歯ぎしりを改善したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

ボトックスは歯ぎしりに効果を期待できる?

ボトックス注射とは、ボツリヌストキシンという毒素が含まれた製剤を使用した施術です。

歯ぎしり改善が目的のボトックス注射は、主に咬筋や側頭筋に施術を注入します。

ボトックスには、筋肉の緊張を抑える作用が期待できます。

食いしばる力を減少させられるため、歯ぎしりの改善を目指せるのです。

また食いしばる力が弱まることで、慢性的な頭痛や肩こりの改善を期待できます。

ほかにも顎周辺の痛みの軽減を期待できるのも特徴です。

歯ぎしり以外に期待できるボトックスの効果

ボトックス注射は、歯ぎしり以外にも下記のような効果を期待できます。

  • エラ張りの改善
  • 表情シワの改善
  • 脇汗や手汗の軽減

それぞれについて詳しく解説していきます。

エラ張りの改善

ボトックス注射の代表的な効果として、エラ張りの改善があげられます。

エラにある咬筋(咬筋)に製剤を注入し、筋肉の動きを抑えることで、咬筋が萎縮し小顔効果を期待できます。

輪郭がホームベース型になっている方や痩せてもエラだけが細くならない方におすすめです。

また注意したいのが、骨格によるエラ張りには効果を期待できない点です。

ボトックスは、筋肉にしか作用しません。

そのため、エラ張りの原因を突き止めずボトックスを受けても思うような効果を実感できない可能性があります。

食いしばった際に、エラ辺りにポコッとした筋肉が浮き出る場合は、咬筋の発達が考えられます。

一方であまり変化がない場合は、骨格の影響が考えられます。

詳しくは、カウンセリングの際に医師に相談しましょう。

表情シワの改善

ボトックス注射は、表情シワの改善も期待できます。

表情シワとは、顔をしかめたり、笑ったりなど表情を動かした際に生じるシワのことを指します。

主に表情シワは、筋肉の緊張によって生じるのが特徴です。

そのため、ボトックス注射で筋肉の緊張を抑えることでシワ改善を期待できます。

表情を動かした際に、眉間や額、目尻などにシワができる場合は、ボトックス注射を検討しましょう。

脇汗や手汗の軽減

脇汗や手汗の軽減を期待できるのも特徴です。

ボトックスには、エクリン汗腺を麻痺させて汗を抑える作用があります。

多汗症治療は、切開を伴う施術もありますが、大がかりになるため、なかなか挑戦できない方も少なくありません。

ボトックス注射であれば切開の必要がないうえに、ダウンタイムや施術時間も短いため、手軽に受けやすいでしょう。

しかし、ボトックスはワキガの原因となるアポクリン汗腺を麻痺させる作用はありません。

そのため、ワキガ改善を目的とする場合は、ほかの施術が合っている可能性も考えられます。

ボトックス注射のメリット

ボトックス注射のメリットは、下記があげられます。

  • 施術時間やダウンタイムが短い
  • 身体への負担が少ない
  • 費用が安価である

大きなメリットとして施術時間やダウンタイムが短い傾向があります。

施術時間は5分〜10分程度と短いうえに、ダウンタイムもほとんどありません。

内出血が生じてもメイクで隠せるため、日常生活への支障はほとんどないでしょう。

またボトックス注射は、費用が安価なこともメリットです。

製剤の種類を選ぶことで、さらに費用を抑えられるため、学生などでも挑戦しやすい施術です。

ボトックス注射のデメリット

ボトックス注射のデメリットは、下記があげられます。

  • 半永久的な効果は期待できない
  • 違和感が生じる可能性がある
  • 長期的に考えるとコストが高いケースもある

ボトックス注射の効果は、半永久的には持続しません。

注入量や体質によって異なりますが、一般的には3ヶ月〜6ヶ月程度です。

効果を維持するには、定期的に施術を受けなくてはなりません。

さらに長期的に施術を続けることを考えると、コストが高くなる可能性もあります。

また他の部位にもボトックスの効果が及ぶと、表情などに違和感を抱くケースもあります。

ボトックスで歯ぎしりを改善するならKOBE美容皮膚科 西宮院へ

ボトックス注射で歯ぎしりを改善するならKOBE美容皮膚科 西宮院の周平先生のもとへお越しください。

当クリニックでは、ボトックス注射を得意としている医師が在籍しています。

1人ひとりの症状や筋肉の状態に合わせて、注入量や部位を見極めて施術を行います。

また当クリニックでは、施術2週間後〜1ヶ月間で効果を実感できない場合は、無料で追加注入を行っています。

アフターケアも整っているので、美容医療初心者の方も安心してご来院ください。

当クリニックでは、公式サイトやLINE、電話からカウンセリングの予約を受け付けています。

ボトックス注射に興味がある方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

【まとめ】手軽に歯ぎしりを改善するならボトックス注射を検討しよう!

手軽に歯ぎしりを改善したい方は、ボトックス注射がおすすめです。

施術時間やダウンタイムが短く、費用も安価な傾向があります。

歯ぎしりが改善されることで、慢性的な頭痛や肩こりの改善も期待できます。

また高い効果を実感するためには、スキルの高い医師のもとで受けることが大切です。

信頼できる医師を見つけ、悩みを改善しましょう!

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

06月/ 2024休診日:日曜日
1
2
休診日
3
4
5
6
7
8
9
休診日
10
11
12
13
14
15
16
休診日
17
18
19
20
21
22
23
休診日
24
25
26
27
28
29
30
休診日
07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00