COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

目の下のたるみ取りを行うと後悔する?失敗例や回避策を紹介

目の下のたるみが気になる、という人は少なくありません。

一方で、「たるみ取りを行って後悔した」という意見もあるため、施術に踏み切れないという気持ちは自然なものです。

本気記事では、目の下のたるみ取りを行って後悔したケースや、リスク回避の方法について解説します。

参考にして、心配しすぎることはないと知ってください。

目の下のたるみが発生するのはなぜ?


目の下のたるみが発生する主な原因は、加齢です。

若い間は、目の下にある脂肪を皮膚のハリが支えており、きれいに収まっています。

ところが、年齢を経るにしたがって肌のハリが弱まると、脂肪を支えきれなくなりたるんでしまうのです。

また、頬骨が極端に低い人も、たるみが発生しやすいです。

若くして目の下がたるんでいる人は、ほぼ頬骨の低さが原因です。

目の下のたるみ取りは黒クマ改善に効果的

目の下のたるみ取りは、黒クマ改善に効果的です。

そもそも黒クマの原因は、目の下のたるみであるためです。

黒クマは目の下が黒くなるクマのことですが、実際に肌が黒くなるわけではありません。

目の下のたるみが影を落とし、黒く変色しているように見えているだけです。

そのため、目の下のたるみを改善すると、影も消えて黒クマが無くなります。

目の下のたるみ取りの施術方法

目の下のたるみを取る施術方法は、主に以下の3つです。

  • 脂肪除去(脱脂)
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注入

上記の施術は、それぞれバラバラに行うわけではありません。

一般的には脂肪除去を行い、その上で脂肪注入かヒアルロン酸注入を続けて行うことで、美しく自然な目元になることが期待できます。

ただし、ヒアルロン酸注射にはデメリットもあります。

脂肪除去(脱脂)

脂肪除去(脱脂)とは、目の下のたるみ内部にある脂肪を除去する施術です。

脂肪除去により、たるみが無くなり黒クマが改善します。

施術法としては、下瞼の裏を1cmほど切開し、そこから脂肪を取り出していきます。

麻酔をしっかり効かせるため、痛みを感じることはありません。

また、傷は下瞼の裏にあるため、外からは見えません。

傷そのものも小さく、治りが早いです。

脂肪注入

脂肪注入とは、脂肪除去の後目の下に脂肪を入れ直す施術のことです。

一見二度手間のように思えますが、一度脂肪除去を行うことで、目の下のたるみが発生しにくくなります。

また、脂肪除去だけでたるみを消そうとすると、凹凸や左右差を整えるのが困難になってしまいます。

脂肪注入を行うことで、たるみもくぼみもない、自然な目元になることができるのです。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入とは、脂肪除去の後、ヒアルロン酸を目の下に入れる施術のことです。

脂肪除去を行っただけでは、目の下にかすかな凹凸感があったり、ボリューム不足になってしまいます。

そのため、改めてボリュームを付け足す必要がありますが、脂肪ではなくヒアルロン酸を注入するクリニックもあります。

ただし、ヒアルロン酸には「注入部位が青くなる」「体に吸収されてしまうため、徐々に効果が消えていく」というデメリットもあります。

そのため、当クリニックでは、目の下へのヒアルロン酸注入を受け付けていません。

目の下のたるみ取りを行って後悔したケース

目の下のたるみ取りを行って後悔するケースは、以下のとおりです。

  • 目の下がくぼんだ
  • 目の下にしわが残った
  • ヒアルロン酸でボリュームアップした

すでに上記のような状態になってしまっている、という方であっても、再施術でカバーできるケースは多いです。

失敗したからと諦めず、ぜひ一度信頼できるクリニックに診てもらってください。

目の下がくぼんだ

目の下のたるみ取りを行った結果、たるみはなくなったがくぼんでしまった、というケースがあります。

たるみ取りのためには、目の下の脂肪を除去する必要があります。

その際、脂肪を取り過ぎた状態で施術完了としてしまうと、目の下が過度に痩せてしまい、くぼんだ状態になってしまいます。

脂肪除去の後、脂肪注入でボリュームを付け足せば問題はありませんが、脂肪除去のみを行う場合は注意が必要です。

目の下にしわが残った

目の下のたるみ取りを行って、たるみの代わりにしわが残ってしまったというケースもあります。

しわが残る場合、原因は皮膚の伸びすぎです。

目の下がたるんだ状態が長期間続くと、皮膚がそれにつられて段々伸びてしまい、内部の脂肪が無くなったあとも皮膚のたるみだけが残ってしまうのです。

ヒアルロン酸でボリュームアップした

目の下をヒアルロン酸でボリュームアップした結果、後悔することになったという人も、少なくありません。

ヒアルロン酸を目の下に注入すると、青黒く見えてしまうケースがあります。

また、ヒアルロン酸は時間が経つと体に吸収されるため、徐々にボリュームダウンしてしまいます。

そのため、当クリニックではヒアルロン酸によるボリュームアップを行いません。

目の下のたるみ取りで後悔しないためには?

目の下のたるみ取りで後悔しないためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • ボリュームアップは脂肪を利用する
  • 的確な診断を行ってくれるクリニックを選ぶ

どちらも大切なポイントであるため、軽んじないようにしましょう。

ボリュームアップは脂肪を利用する

目の下のボリュームアップには、脂肪を利用しましょう。

ヒアルロン酸を利用すると、前述したように、肌の変色や効果の減少などのデメリットがあります。

施術を受ける際は、ボリュームアップに使われるものが、脂肪かヒアルロン酸かを確認するのがおすすめです。

カウンセリングなどで直接たずねても構いませんし、Webサイトなどで確認しても良いでしょう。

的確な診断を行ってくれるクリニックを選ぶ

目の下のたるみ取りには、的確な診断を行ってくれるクリニックを選びましょう。

目の下のたるみを解消するためには、どの施術をどの程度行えば良いのかを、正確に判断する必要があります。

言い換えると、的確な診断を行ってくれるクリニックは、施術後に後悔する事態になるリスクが低いのです。

クリニック選びの際は、実績を優先に選ぶようにしましょう。

神戸で後悔しないたるみ取りを行うならKOBE皮膚科クリニック 西宮院がおすすめ

神戸で後悔しないたるみ取りを行うなら、KOBE皮膚科クリニック西宮院がおすすめです。

当クリニックは、的確な診断と施術で納得の仕上がりを実現します。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

【まとめ】目の下のたるみ取りで後悔しないためにはクリニック選びを慎重に


目の下のたるみ取りで後悔しないためには、何よりもクリニック選びを慎重に行いましょう。

施術を受ける側は、施術そのものが進行している間、何もできません。

だからこそ、安心して自分を任せられるクリニックを利用してください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00