COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

ヒアルロン酸豊胸の効果やメリットは?デメリットも併せて解説

ヒアルロン酸豊胸に豊胸効果が期待できることは知っている人も多いですが、他のメリットについては良く知らないというケースは少なくありません。

ヒアルロン酸豊胸には、他の豊胸手術にないメリット・デメリットがあります。

重要なのはそれらを総合的に判断し、手術を受けるかどうか決定することです。

本記事では、ヒアルロン酸豊胸の効果やメリットなどについて解説します。

参考にして、手術検討の助けにしてください。

ヒアルロン酸豊胸とは?


ヒアルロン酸豊胸とは、バストアップを見込んでヒアルロン酸を胸に注入する手術です。

具体的に行うことは注射のみであり、切開や縫合は伴いません。

ヒアルロン酸は注入されるとその場に留まろうとする性質があるため、胸に注入することでボリュームを増加させる効果が期待できます。

ただし、生涯その場に留まるわけではないため、注意が必要です。

ヒアルロン酸豊胸の効果

ヒアルロン酸豊胸に期待できる最大の効果は、ナチュラルなバストアップです。

単なるバストアップではなく、仕上がりが自然になる点が大きな魅力です。

一方で大幅なバストアップには不向きであり、あくまで現在と比較し自然な程度にバストアップしたい、という場合に効果的です。

大きくボリュームアップしたいという場合は、シリコンバッグなど他の術式を検討するのがおすすめです。

ヒアルロン酸豊胸のメリット

ヒアルロン酸豊胸のメリットは、以下の通りです。

  • 処置時間が短い
  • 痛みが軽い
  • ダウンタイムの負担が軽い
  • 見た目に手術の跡がほぼつかない
  • 仕上がりが自然

上はほぼヒアルロン酸豊胸独自のメリットであり、脂肪注入やシリコンバッグなど、他の術式にはない魅力となっています。

総じて気軽に受けられる点が人気の理由となっており、多忙な人や美容医療初心者の方にもおすすめです。

処置時間が短め

ヒアルロン酸豊胸は、処置時間が比較的短めです。

具体的には、10~30分程度で終わるケースがほとんどです。

そのため、隙間時間に手術を受ける人も少なくありません。

他の豊胸術として、脂肪注入とシリコンバッグがありますが、これらはどちらも1時間程度手術時間を見込んでおくのが一般的です。

脂肪注入は脂肪吸引の時間が別途かかってしまいますし、シリコンバッグは手術そのものが比較的大がかりであるためです。

痛みが軽い

ヒアルロン酸豊胸は、痛みが軽い点も魅力です。

手術時だけでなく、手術後も痛みは軽度で済みます。

脂肪注入豊胸やシリコンバッグは、どちらもヒアルロン酸より大きめの傷を伴います

そのため、手術時は麻酔が効いていますが、手術後は傷が少しの間痛んでしまうのです。

しかし、ヒアルロン酸豊胸は痛みが軽いため、麻酔なしで手術を終える人も少なくありません。

どうしても痛みが不安だという人は、麻酔クリームなどで対応してもらいましょう。

ダウンタイムの負担が軽い

ヒアルロン酸豊胸は、ダウンタイムの負担も軽く済みます。

ダウンタイムの負担という点のみに注目した場合、ヒアルロン酸豊胸はトップレベルに優れている術式と言っても良いでしょう。

ダウンタイムの症状は数日で治まり、最長でも内出血の治りを2週間待つだけで終わります。

手術直後から通常通り体を動かせるため、仕事などにもすぐに戻れます。

見た目に手術の跡がほぼつかない

ヒアルロン酸は、見た目に手術の跡がほぼつきません。

注射のみで手術が終わるため、一日経過するだけで傷は塞がり、見てもわからなくなります

脂肪注入の場合は、小さいながらも切開の跡ができるため、見てわからなくなるまでには多少時間がかかります。

シリコンバッグは脂肪注入よりさらに傷が大きめであるため、回復の時間もさらに長引いてしまうのです。

そのため、傷の小ささを重視したい人にもヒアルロン酸豊胸はおすすめです。

仕上がりが自然

仕上がりが自然である点も、ヒアルロン酸豊胸の大きな魅力です。

豊胸したいと考えつつ、不自然なのは避けたいという人は少なくありません。

そういった場合は、ヒアルロン酸豊胸がおすすめです。

さりげなくボリュームを付け足せるため、バストアップ効果を見込みつつナチュラルさを維持できます。

ヒアルロン酸豊胸のデメリットについて

ヒアルロン酸豊胸のデメリットは、以下の通りです。

  • 効果に永続性が無い
  • 触るとやや固い

一般的には、クリニックでもデメリットの説明を受けることになります。

しかし事前に知識を得ておくことで、説明をよりスムーズに理解できるようになります。

効果に永続性が無い

ヒアルロン酸豊胸は、効果に永続性がありません。

ヒアルロン酸は時間が経過すると、いずれ体内に吸収・分解されてしまうため、最終的に手術前の状態に戻ってしまいます。

具体的には、個人差があるものの大体2~3年程度が持続期間です。

そのため、効果期間を重要視したい場合は、他の術式を検討するのもひとつの方法です。

触るとやや固い

ヒアルロン酸は、触るとやや固い感触があります。

注入時は液体ですが、ゲル状の硬さは感じます

見た目としては自然な仕上がりにできますが、触ると脂肪の部分と比べて、感触の違いがややあります。

効果的なヒアルロン酸豊胸を受けたいならKOBE美容皮膚科 西宮院で

効果的なヒアルロン酸豊胸を受けたいなら、KOBE美容皮膚科 西宮院での手術がおすすめです。

当クリニックでは、熟練の腕を持つ医師が手術を担当するため、手術の効果を最大限に引き出し、体への負担は最小限に抑えられます。

ヒアルロン酸豊胸は、注射のみであるため簡単なように見えますが、実際は高い技術が要求されます。

クリニック選びに迷われた場合は、ぜひ当クリニックにご来院ください。

【まとめ】ヒアルロン酸豊胸にはさまざまな効果・メリットがある


ヒアルロン酸豊胸にはさまざまな効果・メリットがあります。

豊胸したいけれど踏ん切りがつかないという人は、カジュアルに受けられるヒアルロン酸豊胸の利点を活かし、ぜひ手術を受けて効果を実感してみてください。

どうしても迷うという場合は、まずカウンセリングを受け、詳しい説明を直接聞くのもひとつの方法です。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00