COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

口角ボトックスで口元のたるみを改善できる?メリットも併せて解説

口元にたるみがある、口角が下がるなど、口周りのトラブルに悩む人は少なくありません。

しかし具体的な改善策がわからず、諦めているケースも多いでしょう。

そのようなときは口角ボトックスでの改善がおすすめです。

そしてアゴのヒアルロン酸とエラのヒアルロン酸がおすすめです。

本記事では、口角ボトックスによる口元のたるみ改善について解説します。

参考にして、悩みを解消する助けにしてください。

口角ボトックスとは?


口角ボトックス たるみ 改善

口角ボトックスとは、口角にボトックスを注入し、美容効果を期待するメニューです。

ボトックスとは製剤名称であり、筋肉に働きかけ動きを抑える作用があります。

これを患部に適量注入することで、生活には支障が出ないようにしつつ、さまざまな美容効果を期待できます。

施術そのものはシンプルであり、注射のみで完結します。

口角ボトックスに期待できる効果

口角ボトックスに期待できる効果は、以下の通りです。

  • 口角が上がりにこやかな印象になる
  • 老けている、疲れているという印象が改善され、明るく見える
  • 口元が印象付けられる

普通にしているつもりなのに口角が下がってしまう、怒っていたり疲れていたりするように見えてしまうなどの悩みを抱えている方は、ぜひ口角ボトックスをお試しください。

また、唇のヒアルロン酸を併用することで口角を物理的に上げることができ、理想の口角が上がった状態を作れます。

口元のたるみが起こすデメリット

口元のたるみが起こすデメリットは、以下の通りです。

  • 老けて見える
  • 疲れて見える
  • 不機嫌に見える

表情の印象を変えたい方、最近上記のような印象の表情が増えてきたと感じる方は、ぜひ施術をご検討ください。

老けて見える

口元がたるんでいると、老けて見えてしまいます。

そもそも顔のたるみと加齢には関係があり、加齢が進むにつれて顔の各部分にたるみが見えてくるようになるのが一般的です。

そのため、人の顔にたるみが見えると、自然に老けているなという印象を持ってしまうのです。

言い換えると、たるみを改善することで若々しい印象に改善することもできます。ぜひ施術を検討してください。

疲れて見える

口元がたるんでいると、疲れているように見えてしまいます。

人は強い疲労を感じ、それが顔に出ていると、自然と口角が下がります。

そのため、口角が下がった顔は、人から見ると疲労しているような印象を受けてしまうのです。

たるみを改善し、口角を上げることで、溌溂として元気な印象に改善できます。

最近疲れが顔に出ているな、と感じる方に、特におすすめです。

不機嫌に見える

口元がたるんでいると、不機嫌に見えてしまいます。

人は怒った顔になった時も、口角が下がります。

そのため、特に不機嫌というわけではなくとも、口角が下がっていると「怒っているのかな?」と思われてしまうのです。

口角ボトックスで口角を上げることで、にこやかな印象に改善できます。

そんなつもりはないのに不機嫌に見えるよ、と言われ悩んでいる、という人は少なくないため、ぜひ施術をご検討ください。

口角ボトックスのメリット

口角ボトックスのメリットは、以下の通りです。

  • 自然に口角を上げられる
  • 施術の負担が軽い
  • セルフケアよりも即時性が高い

上記のメリットに魅力を感じる方は、ぜひ施術を受け、効果を実感してみてください。

万一仕上がりが気に入らなかったとしても、ボトックスは時間経過とともに効果が消えるため、待つことで元の状態に戻れます。

自然に口角を上げられる

自然に口角を上げられるのは、口角ボトックスの魅力です。

美容医療の目的は美しさの向上ですが、一方で「大きな変化は不自然かもしれない」「施術を悟られたらどうしよう」という不安を抱く人は多いです。

口角ボトックスであれば、美しさの向上が期待できるだけでなく、自然な仕上がりが期待できます。

ひいては、施術を悟られるリスクも低くなります。

施術の負担が軽い

口角ボトックスは、施術の負担が軽い点も魅力です。

施術の負担が軽いということは、施術後の制限も軽く、生活に与える影響も少ないということです。

施術後に特別な休みを取る必要はなく、しばらくは入浴してはいけないなどの制限もほぼありません。

また、注射のみであるため傷も外から見てほぼわかりません。

そのため、施術直後から顔を隠すことなく外を歩ける点も魅力です。

セルフケアよりも即時性が高い

口角ボトックスは、セルフケアでの改善よりも即時性が高い点も魅力です。

口角を上げたい場合、ボトックス以外にもセルフケアで習慣づけるなどの方法があります。

ですが実際の所、セルフケアで自然に口角を上げるくせを付けるのは困難です。

ボトックスであれば、時間や努力などの手間をかけることなく、自然ににこやかな口元に仕上げられます。

口角ボトックスを受ける際の注意点

口角ボトックスを受ける際の注意点は、以下の通りです。

  • 効果は一生続くわけではない
  • 状態の維持には定期的な再施術が必要
  • ダウンタイムの症状が出るケースがある

残念ですが、ボトックスは効果に永続性がありません。

時間が経過すると、いずれ効果は消えるため、注意してください。

ただし一方で、仕上がりが気に入らなければやり直せるというメリットにもなります。

口角ボトックスを受けてみたい方はKOBE美容皮膚科 西宮院がおすすめ

口角ボトックスを受けてみたい方は、KOBE美容皮膚科西宮院がおすすめです。

当クリニックは数多くの実績を積んだ、ボトックスに精通している医師が施術を担当します。

そのため、単にたるみを引き上げるだけでなく、自然で美しい仕上がりを実現できます。

【まとめ】口角ボトックスは口元のたるみ改善を期待できる

ボトックス たるみ 改善

口角ボトックスは、口元のたるみ改善を期待できます。

気づくと口角が下がってしまう方、それによる老けた・疲れている・怒っているなどの印象を払拭したい方は、ぜひ口角ボトックスを受けて、効果を実感してみてください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00