COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

ボトックス注射は若いうちから受けられる?20代から打つメリットを解説

ボトックス注射に興味があるものの、「若いうちから受けられるの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。

結論、ボトックス注射は20代などの若い方でも受けられる施術です。

また、若いうちに受けるからこそ得られるメリットも存在します。

本記事では、ボトックス注射を若い内から受ける3つのメリットを紹介した上で、注意点についても詳しく解説します。

ボトックス注射を受けようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

ボトックス注射は若いうちから受けられる!

ボトックス注射

ボトックス注射は、年齢が若い人でも問題なく受けることができます。

年齢を理由に諦める必要は、基本的にはありません。

実際に、ボトックス注射は年代問わず数多くの人から人気を集めている施術です。

注射器を使って施術を行うためメスでの切開が不要な点や、施術時の痛みやダウンタイムが軽い点などが人気の要因です。

身体への負担を抑えられるため、これまでに美容医療を受けたことのない人にもおすすめできます。

20代からボトックス注射を受けるメリット

20代などの若い年齢層の人がボトックス注射を受けると、以下の3つのメリットを得られます。

  • 将来的なシワ・たるみを予防する効果が期待できる
  • シワが浅いうちのほうがボトックス注射で改善しやすい
  • 加齢が進んでいない20代でもシワができることがある

それぞれについて詳しく解説するので、メリットを理解する上でぜひ参考にしてください。

将来的なシワ・たるみを予防する効果が期待できる

現時点でシワがなかったとしても、ボトックス注射を打つことで表情の癖が緩和され、将来的にシワやたるみができにくくなる効果が期待できます。

加齢が進みシワができてからエイジングケアをするよりも、若いうちから定期的にボトックス注射を受ける方が、コストカットになる場合もあります。

そのため、将来を見据えてボトックス注射を受ける人は数多く存在します。

シワが浅いうちのほうがボトックス注射で改善しやすい

シワは、深くなればなるほど改善しにくくなる傾向にあります。

そのため、シワが浅い段階でボトックス注射を受けることで、容易に改善できるというメリットがあると言えるでしょう。

加齢が進んでいない20代でもシワができることがある

「シワ=加齢によるもの」といったイメージを抱く人も少なくありませんが、20代でも表情ジワができてしまうケースも少なくありません。

とくに、スマホやパソコンを長時間使用する習慣がある人は、自然に眉間のシワを寄せている恐れがあり、表情シワとなることもあるでしょう。

以上のことから、20代であってもシワがある人も、ボトックス注射を受けるべきだと言えます。

ボトックス注射を受ける際の注意点

ボトックス注射を受ける前に、以下の3つの注意点を理解しておく必要があります。

  • 施術を依頼する医師を慎重に選ぶ必要がある
  • 痛みやダウンタイムが生じる場合もある
  • すべての人がボトックス注射を受けられるわけではない

上記をあらかじめ把握しておくことで、「こんなはずじゃなかった…」といった後悔を未然に防げるでしょう。

施術を依頼する医師を慎重に選ぶ必要がある

ボトックス注射は、技術力の低い医師に依頼すると失敗してしまう恐れがあります。

具体的には、注入量が多すぎて不自然な仕上がりになってしまったり、逆に少なすぎて十分な効果を実感できなかったりする失敗例が見受けられます。

費用を払って施術を受けるからには、実績があり評判の良好な、信頼できる医師を探すことが大切です。

公式サイトやSNSを駆使して慎重に医師を選びましょう。

また、カウンセリングの際の対応に違和感を抱いた場合は、別の美容クリニックを利用するのが賢明です。

痛みやダウンタイムが生じる場合もある

ボトックス注射は痛みやダウンタイムの軽い施術ではありますが、必ずしもまったく症状が出ないとは限りません。

施術時には注射針が刺さる痛みやボトックスを注入する痛みが発生します。不安な方は、麻酔クリームを使用するのも手段のひとつです。

また、内出血や腫れなどのダウンタイム症状が現れる人もいます。ほとんど症状が出なかった、という人も多いですが、可能性があることは理解しておきましょう。

すべての人がボトックス注射を受けられるわけではない

以下の条件に該当する人は、ボトックス注射を受けられません。

  • ボツリヌス製剤に対してアレルギーがある
  • 妊娠中・授乳中・妊活中である

上記の他にも、服用している薬の種類や持病によっては、施術を受けられない場合があります。

カウンセリング時に医師に申告し、判断してもらいましょう。

KOBE美容皮膚科 西宮院では20代の方からもご好評をいただいています

KOBE美容皮膚科 西宮院はボトックス注射を得意としており、若いうちから施術を受けられる患者様からもご満足いただいています。

世界最高品質のドイツ製の薬剤を使用しているため、安全性が抜群なのも嬉しいポイントです。

若い方がボトックス注射を受けるメリットについても、施術前に詳しく説明します。

カウンセリングは無料ですので、ぜひお気軽にご来院ください。

スタッフ一同お待ちしております。

【まとめ】若いうちに受けるボトックス注射にはさまざまなメリットがある

ボトックス注射

若いうちからボトックス注射を受けると、将来的なシワの予防になる・シワが浅い方が改善しやすい、といったメリットを得られます。

そのため、20代などの若い人にもおすすめです。

ただし、施術を成功させるためには美容クリニックや医師を慎重に選ぶ必要があります。

ぜひ、本記事の内容を参考にして、若いうちからボトックス注射を受けてみてください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00