COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

エラボトックスのベストな間隔は?後悔しないためのポイントを解説

エラを目立たなくしたり、歯ぎしりや食いしばりを改善したりする効果が見込める「エラボトックス」。

ただし、短い間隔で製剤を注入しすぎると、不自然な仕上がりになる危険性があります。

本記事ではエラボトックスのベストな間隔や、後悔しないためのポイントをご紹介します。

施術で期待できる効果をわかりやすく説明するので、美容医療に興味がある方の参考になれば幸いです。

エラボトックスとは

エラボトックス

エラボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出された成分を注入し、筋肉の動きを抑制する施術のこと。

エラの張りや、表情筋によるシワの改善が期待できます。

他にも、ワキ汗の分泌を減らしたり肩こりを解消したり、さまざま症状に効果があるといわれています。

施術時間はおよそ5〜10分と短く、比較的手軽に施術を受けられる点が特徴です。

エラボトックスで期待できる効果

エラボトックスで期待できる効果は、主に3つあります。

  • 張り出したエラを目立たなくする
  • 歯ぎしりや食いしばりを改善する
  • 小顔に見える

エラが張っているとゴツゴツとしたフェイスラインになり、顔が大きく見えやすいです。

ボトックスを打てば、適度にエラ付近がボリュームダウンします。

結果として、滑らかなフェイスラインが形成され、女性らしい柔らかい印象に近づけるでしょう。

習慣化した歯ぎしり・食いしばりは自力での改善が難しいため、ボトックスによる治療がおすすめです。

顔の側面にある筋肉「咬筋(こうきん)」を緩めることで、無意識下の歯の食いしばりを防止します。

エラボトックスが向いている人

エラボトックスが向いている人の特徴は、次の通りです。

  • 丸みのあるフェイスラインに憧れている
  • エラを目立たなくしたい
  • 小顔になりたい
  • 歯ぎしり・食いしばりを改善したい
  • メスを使う施術に抵抗がある
  • 仕事が忙しいので施術時間・ダウンタイムは短めがよい
  • 周囲の方に施術を受けたことをバレたくない

エラボトックスは皮膚を切らない治療法のため、一般的な美容施術よりも体への負担を抑えられます。

施術内容や個人の体質にもよりますが、ダウンタイム期間は長くても約1週間です。

エラボトックスは自然な仕上がりになるので、周囲の方にバレる心配はほとんどありません。

エラボトックスは何ヶ月おきに打つ?おすすめの間隔は?

エラボトックスを打つ間隔の目安は、約3〜6ヶ月です。

ただし、施術後の状態によって適切な期間は異なるため、気になる場合はドクターに相談してみてください。

多量の製剤を短期間に繰り返し注入すると、ボトックスに対する抗体が生成されて、効果を感じにくくなる恐れがあります。

エラボトックスはいつから効果が感じられるのか

エラボトックスは施術後3日ほどで効果が見られ始め、2週間程度で安定します。

効果に即効性はない点には注意が必要です。治療後すぐに「効果が感じられない」と焦って、追加注入しないように気を付けましょう。

エラボトックスによる効果の持続期間

エラボトックスによる効果の持続期間はおよそ3〜6ヶ月間です。

なお、効果が持続する期間には個人差があります。

永続的に効果を得られるわけではないため、施術後の状態を維持するには、繰り返し製剤を注入しなければいけません。

エラボトックスで後悔しないためのポイント3選

エラボトックスで後悔しないためのポイントを、3つピックアップしました。

  • 適切な量・頻度で施術を受ける
  • 施術後は血行を促進する行為を避ける
  • 技術力の高いドクターに担当してもらう

以下で詳しく解説します。

適切な量・頻度で施術を受ける

エラボトックスで注入量が多すぎたり、製剤を打つ間隔が短すぎたりすると、不自然な仕上がりになるリスクがあります。

咬筋が萎縮しすぎると皮膚のたるみを引き起こし、老けた印象になるケースも。

大きく変化をつけたいからといって、ボトックスの打ち過ぎは逆効果です。

施術を受ける際は、適切な量・頻度を心がけましょう。

施術後は血行を促進する行為を避ける

ボトックスは熱に弱い性質があるため、以下のような血行を促進する行為は避けてください。

  • 長時間の入浴
  • 激しい運動
  • サウナ

上記の行為は赤みや腫れにつながる恐れがあり、術後3日間ほどは控える必要があります。

なお、洗顔や入浴は当日から行って構いません。

強い力を加えるとボトックスが流れる危険性があるので、マッサージは施術から2週間後より可能です。

技術力の高いドクターに担当してもらう

エラボトックスは注入箇所や注入量、深さによって仕上がりに差が生じます。

そのため、ドクターには豊富な経験と高い技術力が求められるのです。

スキル不足のドクターの施術を受けた場合「表情が不自然になる」や「皮膚がたるむ」などの失敗が起きる危険性があります。

KOBE美容皮膚科 西宮院には実績豊富なドクターが在籍しています

KOBE美容皮膚科 西宮院には、実績・経験豊富なドクターが在籍しています。

エラボトックスを検討中の方は、ぜひ当クリニックにご来院ください。

当院は技術力や診断力に自信があるだけでなく、カウンセリングにも力を入れています。

患者様の状態を正確に診察し、適切な施術内容を提案いたします。

美容に関するお悩みは、何でもお気軽にご相談ください。

【まとめ】エラボトックスは適切な間隔を守りましょう

エラボトックス

エラボトックスが向いているのは、丸みのある女性らしいフェイスラインに憧れている方です。

ボトックスを注入すると約3日で効果が感じられ始め、2週間ほどで落ち着きます。

個人差はありますが、ボトックスは約3〜6ヶ月おきに打つのがおすすめ。

頻繁に打ち続けると抗体が生成され、効果を感じにくくなるので注意が必要です。

施術後はドクターの指示をもとに、適切な注射間隔を守りましょう。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00