COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

美容整形での二重幅は狭い方が好ましい?2つの施術内容の違いを解説

美容整形の中でも、近年非常に人気が高くなっている二重整形。

理想の二重を形成できることで人気ですが、顔のバランスに合っていない広すぎる二重幅では不自然な見た目となってしまいます。

狭い二重幅を形成する施術であれば、自然な見た目で体への負担が少なくなることが予想されますが、理想と大幅に異なった形では満足のいく結果にはつながりません。

バランスが良く美しい二重幅を作るために、二重整形の特性について理解を広げましょう。

二重幅は狭いのと広いのはどちらが自然に見える?


結論から言えば、自然に見える二重幅は全体的な顔のバランスによって異なります。

二重整形でよく起こりがちな失敗例の一つは、二重幅を広げすぎたことによる不自然さが挙げられます。

しかし狭い二重幅を形成したとしても、それが自分に似合う形とは限りません。

自分に合った二重幅を見つけるには、クリニックで診断とカウンセリングを受けることも有効な選択肢の一つです。

二重整形の種類は埋没法と切開法の2つ

二重整形には埋没法、切開法の2つの施術方法があります。

施術内容や利点、適応の有無が異なるため、それぞれの特性の違いを理解した上で検討した方が良いでしょう。

施術内容の違い

埋没法は医療用の糸を使い、まぶたの皮下組織を数ヶ所縫い留めることで二重を形成する施術です。

メスを使わないため傷跡が残らず、施術時間は15〜30分程度です。

当院では、目元の負担を抑えるために、基本的に15分程度で施術を終わらせています。

埋没法は基本的に効果が有限で、いつかは糸が取れてしまい二重が崩れる可能性があります。

埋没法に熟練した医師から施術を受けることで、持続期間を長くすることも可能です。

切開法はメスを使い、まぶたの数センチ上の皮膚を切開し、その後に縫合することで二重を作る施術です。

施術時間は60〜90分が目安で、術後から1週間後には抜糸が必要です。

埋没法に比べると大がかりな手術となりますが、半永久的な二重の持続が見込めます。

狭い二重幅ならダウンタイムが軽度

個人差はありますが、狭い二重幅にすればダウンタイムは軽度です。

広い二重幅を形成する場合、ダウンタイムは長くなる傾向があります。

ただし埋没法の場合は糸を留める点数や、糸のかけ方、テンションによって腫れの具合に影響を与えます。

切開法ではミリ単位で皮膚を切除するため、切りすぎてしまえばダウンタイムの副作用も強くあらわれるでしょう。

ダウンタイムを軽度にするには、技術の高い医師を頼った上で、適切な二重幅をデザインすることが大切です。

まぶたの厚みによって適応が異なる

埋没法では、まぶたの厚みが多い人は適応がないと判断され、施術を断られる可能性があります。

まぶたの中には筋肉や脂肪が含まれており、度重なる表情の変化によって糸が取れたり、緩みやすくなったりするケースがあるためです。

埋没法の適応がないと診断された場合でも、切開法であれば対応可能なケースが大半です。

埋没法を検討する際は、適応の有無を確認しましょう。

狭い二重幅の形成なら埋没法が適している

狭い二重幅を希望するなら、埋没法が適しています。

切開法に比べてリスクも低いため、初めて美容整形を受ける人でも安心して施術を受けられるでしょう。

持続期間も長い傾向にある

埋没法で狭い二重幅を作る場合、持続期間が長くなる傾向にあります。

逆に二重幅を広くしすぎると、糸が緩みやすくなるため注意が必要です。

また埋没法は留める箇所が多いほど、糸にかかる力は少なくなるため、留め数を増やすことで切れにくくなります。

とはいえ留め数が多すぎると目の違和感の発生やダウンタイムが長引くことにつながるため、まぶたの状態に適した施術を行うべきです。

傷跡が残らず修正もしやすい

切開法は経過とともに傷跡が目立ちにくくなりますが、完全になくすことはできません。

また失敗した際の修正手術の難易度は非常に高く、場合によっては不可能と判断されるケースもあります。

埋没法の場合はメスを使わないため、傷跡が残る心配がなく修正も容易です。

切開法は狭い・広いどちらの二重幅にも対応できる

切開法は埋没法と違い、半永久的に二重を形成できるうえにデザインの自由度が高いことが利点です。

まぶたが厚く埋没法の適応がない人でも切開法なら施術可能で、脂肪やたるみを取り除くことで美しい見た目になります。

半永久的に二重を形成できる

切開法を選択する人が多い理由は、二重を半永久的に形成できる点です。

埋没法ではまぶたへの度重なる刺激によって二重が崩れるリスクもありますが、切開法では元に戻るケースはごくわずかです。

デザインの自由度が高い

デザインの自由度が高く、埋没法では不可能な二重を作り出せます。

埋没法では維持が難しい広い二重幅を作ることもできますが、顔のバランスに似合わない二重とならないよう注意しましょう。

切開法に熟練した医師であれば、希望するデザインが適しているかどうか判別できますが、最終的には患者の希望を考慮します。

二重整形を受ける際のクリニックの選び方

二重整形を受ける際は、腕の良い医師が在籍し、アフターフォローの良いクリニックを選びましょう。

施術が成功するかどうかは、医師およびクリニックの選択が明暗を分けます。

腕の良い医師を頼る

全国的に有名なクリニックを利用したとしても、担当の医師が切開法で優れた実績があるとは限りません。

カウンセリングの際に、医師の症例数や症例写真を確認しましょう。

カウンセリングで誠実な受け答えをしてくれるかどうかも、重要なポイントです。

アフターフォローの良いクリニックを選ぶ

どの施術を選ぶにしても、術後はダウンタイムが発生します。

ダウンタイム中の副作用のあらわれ方には個人差があり、症状が悪化するケースもあれば、改善が見られない、といった報告も存在します。

万が一の事態に備え、アフターフォローの体制が整っているクリニックを利用するのが賢明です。

KOBE美容皮膚科 西宮院は糸のかけ方を工夫しています

埋没法の場合、糸のかけ方やテンションの強さが持続力や腫れの強さに影響を与えます。

腫れを極力抑えた上で、持続力が高くなる施術を行う必要があります。

まぶたの状態はひとりひとり異なるため、理想の仕上がりを実現するためには医師の技術・経験が何よりも重要です。

当院ではお客様の希望を叶えるため、オーダーメイドでの施術を行なっています。

施術を工夫することで、持続力の高い仕上がりを実現しています。

理想の二重を形成するために、ぜひKOBE美容皮膚科 西宮院をご利用ください。

理想の二重幅は顔のバランス次第です


クリニックを利用すれば理想の二重幅を実現できます。

広い二重幅は目がクッキリと大きく見えることが利点ですが、不自然な見た目になってしまっては後々の後悔につながるおそれがあります。

狭い二重幅は、見た目が自然なうえにダウンタイムが軽度で傷跡が目立ちにくくなるのが魅力です。

また、当院では自然な仕上がりの埋没法を得意としています。

顔やまぶたに合うかどうか、医師とカウンセリングで相談した上で、バランスの良い二重幅を決めると良いでしょう。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00