CASE
症例写真

No.1210
目の下のたるみ取り(法令線・目の下・ゴルゴ線の脂肪注入) No.1210

No.1210の症例写真

治療内容(症例詳細)

目の下のふくらみが目立つ、目元が重たい印象、老けて見える、疲れて見える、クマのように見えるという状態を解決する施術です。涙袋がないという方も、根本的に涙袋が見えるようになります。目元が明るくなり、晴れやかな印象になる施術です。
具体的に施術としては、表側の皮膚は切らず、あっかんべえをした下まぶたの裏側を1cmほど切開し、たるみの原因となっている余分な脂肪を取り除く施術です。
脂肪注入は、足の付け根から注射器で脂肪を30mlほど吸引して、脂肪を採取します。採取した脂肪を特殊な遠心分離を行いゲル状にし、それを注射器で、注入したい箇所に注入していく施術です。

ドクターコメント

目の下のクマとたるみでお悩みの方でした。
ほうれい線も気になるということで、目元の仕上げの脂肪注入と一緒に、ほうれい線にも注入しました。
目元もスッキリし、大変キレイに仕上がっていますね。

基本情報

診療科目目の下のたるみ取り
施術名目の下のたるみ取り目の下のたるみ取り(法令線・目の下・ゴルゴ線の脂肪注入)
施術費用目の下のたるみ取り:150,000円(税込165,000円)
麻酔管理料:50,000円(税込55,000円)
脂肪採取料:100,000円(税込110,000円)
脂肪注入料(目の下・ゴルゴ線):120,000円(税込132,000円)
脂肪注入料(ほうれい線):100,000円(税込110,000円)
年代・性別不明女性
副作用・リスク

【目の下のたるみ取り/目の下のたるみ取り(法令線・目の下・ゴルゴ線の脂肪注入)の施術リスク】
まぶたの裏側を切るので傷跡は外からはわかりません。腫れは数日~1週間でほぼ落ち着きますが、より完全な仕上がりとなるまでにおよそ1ヶ月ほどかかることが多いです。内出血が出た場合は、2週間ほどで落ち着きます。

登録日2023/03/01

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00