COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

レーザートーニングで毛穴の開きや黒ずみ改善が期待できるのはなぜ?

毛穴の開きがある状態では汚れが詰まりやすくなり、新たな肌トラブルを引き起こす可能性があります。

毛穴が悪化した状態を改善するために規則正しい生活や運動、スキンケアを日々行なっていても、良くなっている実感がないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

毛穴の改善に効果的な方法としてレーザートーニングが注目されています。

レーザートーニングは低出力のレーザーを照射し、肌を内側からきれいにします。

毛穴の開きや黒ずみ毛穴の改善だけでなく、様々な肌トラブルに対して効果が見込めるため、幅広い年代の人から支持を得ている治療法です。

レーザートーニングの仕組み


レーザートーニングではシミやそばかす、毛穴などの治療を目的としています。

気になる部分に微弱な出力でレーザーを当て、徐々にメラニン色素を薄くし、肌の奥深くの真皮層にまでレーザーが届きます。

従来のレーザーよりも出力はマイルドになっており、肌への負担を極力抑えた施術が可能です。

そのため照射後はかさぶたができるリスクは低く、ダウンタイムもほとんどないことが大きなメリットです。

レーザートーニングは毛穴の改善に高い効果

レーザートーニングが毛穴の改善に高い効果を発揮する理由には、毛穴の開きや黒ずみができるメカニズムに対して有効なアプローチを行えるからです。

その詳細を見ていきましょう。

毛穴の開き・黒ずみに効果的

毛穴の開きや黒ずみは一度できてしまうと解消するのが難しく、美肌を目指している人にとっては大敵です。

改善させるためには黒ずみを取り、開いてしまった毛穴を引き締める必要がありますが、通常のスキンケアのみでは骨の折れる作業です。

レーザートーニングは長い波長のレーザーを照射し、真皮層の奥深くまで届いてコラーゲンの生成を助けます。

肌のハリと新陳代謝が良くなることで、黒ずみをスムーズに排出し、毛穴が引き締まります。

なぜ毛穴の改善効果があるのか

健康な肌であれば、バリア機能やターンオーバーが正常に働くため、古い皮脂や角質が溜まることなく排出されることが通常です。

しかし皮脂が過剰分泌されたり、ケアが行き届いていなかったりすると、汚れの排出が妨げられます。

毛穴の黒ずみは、汚れを放置したことで徐々に酸化し、黒く変色したことが要因です。

レーザートーニングは黒ずみの色味に反応して、色素を散らしてくれます。

さらに肌のターンオーバーを促進して、毛穴に詰まった角栓を溶かし、毛穴を引き締める効果があるため、治療を続けるうちに毛穴の開きや黒ずみが目立たなくなります。

レーザートーニングで毛穴を改善する利点

レーザートーニングで毛穴を改善する利点は以下の通りです。

  • 痛みが少ない
  • ダウンタイムが非常に短い
  • リスクが非常に低い
  • 施術時間が短い

毛穴の状態を改善する施術は数多いですが、痛みやダウンタイムなどのリスクが低いことがレーザートーニングならではの利点です。

痛みが少ない

レーザートーニングは低い出力で照射するため、痛みが少なく麻酔も不要です。

治療中はパチパチ、ヒリヒリとした軽い刺激を感じることがありますが、痛みが長期間残ることはなく、施術当日にメイクをしても問題ありません。

ダウンタイムが非常に短い

従来のレーザー治療は高い出力で照射するため、患部に炎症や赤み、痛みが出てしまい、数週間のダウンタイムが必要でした。

レーザートーニングは優しい出力で治療を行うため、術後に多少の痛みが発生したとしても、かさぶたができるリスクは非常に低く、ダウンタイムは数時間内に終わります。

レーザートーニングはダウンタイムが短く副作用も少ないため、気軽に受けやすい治療としても知られています。

リスクが非常に低い

レーザートーニングはリスクが低いことでも人気のある治療法です。

高い知識・技術を有する医師を頼ることができれば、症状の改善に適した施術を受けられます。

正しい施術間隔を空け、丁寧な診断とカウンセリングを受けたのちに治療に臨むことによって、リスクを最小限に抑えられます。

施術時間が短い

施術時間は改善したい部位の症状によって変わりますが、20分と短い時間です。

継続してクリニックで施術を受ける必要はありますが、長時間拘束されることなく受けられるのも魅力の1つです。

レーザートーニングは毛穴以外の症状にも効果的

レーザートーニングによって改善が期待できる効果はシミや肝斑、色素沈着、コラーゲンの生成、肌に溜まった古い汚れの除去、小ジワ、毛穴など様々です。

照射を続けているうちに相乗効果として思いがけず別の悩みが改善することもあるでしょう。

今までのレーザー治療では改善が難しかった肝斑にも効果があります。

肝斑の治療に必要なトラネキサム酸の服用が困難な人にもおすすめです。

毛穴を改善するための治療回数の目安

レーザートーニングで毛穴を改善するための治療回数の目安は5〜10回です。

毛穴に限らず、多くの肌トラブルの改善を実感するまでには5回程度の治療を受けることが望ましく、回数が増える度に肌の内側からきれいになれます。

施術間隔は1〜2週間に一度ですが、回復期間には個人差があるため、診断で肌の様子を見ながら治療を進めることが必要です。

毛穴改善のレーザートーニングはKOBE美容皮膚科 西宮院にお任せ

レーザートーニングは、毛穴の開きや黒ずみ毛穴に効果的です。

当院で使用しているCuras(キュラス)は毛穴の改善効果が得られるだけでなく、同時に美白効果も期待できます。

広範囲に均一で柔らかい熱を照射するため痛みはほとんどありません。

KOBE美容皮膚科 西宮院に在籍する医師はレーザートーニングへの高い知識と技術を保有しているため、一人ひとりの症状や悩みに適した治療を行えます。

お客様の要望を叶えるため、カウンセリングにも力を入れており、アウターフォローの体制も万全です。

レーザートーニングについてご不明な点や要望があれば、お気軽に当院までお問い合わせください。

毛穴の改善に限らず、悩みに沿った治療が可能です。

まとめ


レーザートーニングは毛穴の開きや黒ずみだけでなく、多くの肌トラブルに対して効果が見込める治療です。

痛みが少なくダウンタイムはほとんどないため、安全性が高いことから人気があります。

ただし一度の治療で劇的な効果があるわけではなく、肌の状態改善を実感するためには5回以上クリニックに通い、施術を受けることが望ましいです。

施術時間は非常に短く終わりますが、継続的に治療を行うためには、前もってのスケジュール調整が望ましいでしょう。

 

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
休診日
31
休診日

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00