COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

二重整形で腫れないのは埋没法と切開法どっち?詳しく解説!

二重整形を受けたいと考えているものの、腫れない方法を探している人もいるでしょう。

手術後に腫れが目立ってしまうと、仕事などの予定を入れにくくなってしまいます。

本記事では、腫れにくい二重整形について詳しく解説します。

また、二重整形を受けたあとの腫れを和らげる方法やおすすめの美容クリニックも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

二重整形は埋没法の方が腫れない!


二重整形には埋没法と切開法の2種類があり、埋没法の方が腫れにくいです。

ここでは、埋没法と切開法の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

腫れにくさ以外の観点についても説明するため、総合的に見て自分に合う方を選びましょう。

二重整形における埋没法とは?

埋没法とは、細長い針で糸をまぶたの裏側に通し、縫い留めることで二重ラインを生成する方法です。

メスで皮膚を切開する必要がないため、比較的腫れにくいと言えます。

ただし、全く腫れないというわけではなく、施術後3日〜1週間程度は腫れが生じます。

腫れにくいというメリットの他にも、切開法に比べて低価格で受けられるうえに、施術後の修正が可能な点も埋没法の魅力です。

ただし、多くの人が3~5年ほどで二重ラインが取れてしまうため、二重をキープするためには定期的に施術を受ける必要があります。

二重整形における切開法とは?

切開法とは、まぶたをメスで切開し、縫合することで二重ラインを作り出す方法です。

切開をするため埋没法よりも腫れやすく、腫れが引くまでに少なくとも1ヶ月ほどかかります。

ただし、切開法は埋没法とは違い、一度施術を受ければ半永久的に効果が続きます。

また、並行二重や幅の広い二重など、さまざまなデザインの二重を作れる点も魅力のひとつです。

腫れやすいというデメリットがあるものの、効果を重視するのであれば切開法を選択するのも手段のひとつだと言えるでしょう。

二重整形を受けたあと腫れを和らげる方法

二重整形を受けたあとは、過ごし方を工夫することで腫れを和らげられます

具体的には、以下の4つのポイントをおさえましょう。

  • 腫れにくい方法で手術を受ける
  • 処方された薬を正しい方法で服用する
  • 患部になるべく刺激を与えない

上記を取り入れることで腫れを軽減できるため、ぜひ実践してみてください。

腫れにくい方法で手術を受ける

先述したとおり、切開法よりも埋没法の方が手術後に腫れにくいため、腫れが気になる人は埋没法を選ぶとよいでしょう。

また、埋没法のなかにも1点留め・3点留めなどの種類があり、留める箇所が少ないほど腫れにくいです。

ただし、留める箇所が少ないほど効果が続く期間が短い傾向にあります。

美容クリニックによっては、腫れにくい切開法を提供しているところもあるため、カウンセリング時に確認しておくのがおすすめです。

処方された薬を正しい方法で服用する

二重整形を受けたあとには、腫れ止めや抗生物質などの薬を処方されます。

医師からの指示通りに服用することで、腫れが和らぎやすくなります。

美容クリニックによっては、腫れに効く薬をオプションで用意しているところもあるため、上手に活用しましょう。

浮腫ができない生活習慣をする

飲酒、甘いものや炭水化物を食べること、塩分の多い食事をすることは、むくみの原因となり、腫れが引きにくくなります。

また、うつ伏せ寝をすると瞼も浮腫みやすくなるので、控えた方が良いです。

1週間は、そういった浮腫む生活習慣は控えていただくことが賢明です。

患部になるべく刺激を与えない

腫れを悪化させないためには、まぶたに刺激を与えずに過ごすことも大切です。

まぶたに刺激を与えてしまうと、腫れのほかに痛みや内出血が悪化する恐れがあります。

手でまぶたに触れないようにするほか、洗顔をする際にはゴシゴシとこすって摩擦を加えないようにしましょう。

二重整形で腫れたくない人は美容クリニック選びも大切

二重整形で腫れたくないと考えている人は、慎重に美容クリニックを選ぶ必要があります。

手術を受けたあとにどれだけ腫れるかは、医者の力量も影響するためです。

二重整形の経験が豊富で高い技術力を保有している医師に手術を依頼すれば、腫れにくく仕上げてもらえる可能性が高まります。

美容クリニックの公式サイトをチェックして、二重整形の症例の多いところを選ぶと良いでしょう。

知り合いに二重整形を受けた人がいる場合は、直接医師を紹介してもらうのも有効です。

腫れにくい二重整形を受けたいならKOBE美容皮膚科 西宮院がおすすめ

腫れにくい方法で二重整形を受けたい人におすすめなのが、KOBE美容皮膚科 西宮院です。

埋没の施術をする際に糸の縛りを工夫すること・麻酔の量を調整することによって、腫れにくさを実現しています。

また、丁寧なカウンセリングを実施しているため、腫れに関する不安を解消した状態で施術に臨めるのも嬉しいポイントです。

経験豊富な医師によって、患者1人1人にあった方法で施術を実施してもらえるでしょう。

【まとめ】二重整形の腫れを抑えるための方法を理解しよう


二重整形において、埋没法のほうが切開法より腫れにくいです。

しかし、切開法には効果が半永久的に続くというメリットがあるため、総合的に判断してどちらの施術を受けるか決めることをおすすめします。

また、施術後には処方された薬を正しい方法で服用する・血行を促進する行動を取らない・患部になるべく刺激を与えない、といった過ごし方をすることで、腫れを和らげられます。

腕前の高い医師に施術を依頼することも重要です。

ぜひ、本記事の内容を参考にして、比較的腫れない方法で二重整形を受けてみてください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
休診日
31
休診日

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00