COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

目のクマ取りをしたあとの痛みは?和らげる方法も紹介!

目のクマ取りの施術を受けたいものの、痛みについて不安がある人もいるでしょう。

本記事では、目のクマ取りの後の痛みについて施術内容別に詳しく解説します。

また、目のクマ取りをしたあとに痛みを和らげる方法やおすすめの美容クリニックについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

【施術内容別】目のクマ取りのあとの痛み


目のクマ取りのあとの痛みは、施術方法によって異なります。

ここでは、以下の3つの方法で施術を受ける際の痛みについて解説します。

  • レーザー治療で目のクマ取りをする場合の痛み
  • 下眼瞼脱脂で目のクマ取りをする場合の痛み
  • 皮膚切除で目のクマ取りをする場合の痛み

どのような痛みが生じるか理解を深めておけば、安心して施術を受けられるでしょう。

レーザー治療で目のクマ取りをする場合の痛み

レーザー治療を受ける場合、輪ゴムで肌をはじかれるような痛みを伴うことがあります。

ただし、我慢ができないほどの強い痛みではないため、麻酔を使わずに施術を行う美容クリニックが大半です。

どうしても痛みが心配な場合、医師に相談して麻酔クリームという塗る麻酔を使用してもらうのも手段のひとつです。

また、レーザー治療ではダウンタイム中に痛みを感じることはほとんどありません。

ちなみに、レーザー治療でクマ取りをする場合というのは、いわゆる色素沈着やシミによってクマができている場合に行います。

下眼瞼脱脂で目のクマ取りをする場合の痛み

下眼瞼脱脂を受ける際には、麻酔を使用するため痛みを感じにくいです。

ただし、麻酔を使う際には注射をすることになるため、注射による痛みは生じます。

痛みとしては、予防接種の痛みだと思ってもらえると分かりやすいと思います。

また、個人差がありますが施術を受けてから3日程度は鈍痛が続く場合もあります。

日常生活に支障をきたすほどの痛みは生じないため、過度に心配する必要はないでしょう。

皮膚切除で目のクマ取りをする場合の痛み

目の下の皮膚が弛んでいることによってクマが生じている場合、皮膚切除によってクマ取りをすることが多いです。

皮膚切除の施術を受ける場合、メスで切開することになるため施術後1~2週間程度痛みを感じます。

ただし、下眼瞼脱脂と同じように麻酔を使用したうえで手術を行うため、手術中に痛みを感じることはありません。

目のクマ取りをしたあとに痛みを和らげる方法

目のクマ取りの施術を受けた後は、過ごし方を工夫することで痛みを和らげられます

  • 保冷剤などで患部を冷やす
  • 心臓より下に頭を持ってこない
  • 激しい運動など炎症や創傷治癒を遅らせる行動を控える

それぞれについて詳しく解説するため、ぜひ生活に取り入れてみてください。

保冷剤などで患部を冷やす

保冷剤や氷をタオルにくるんで患部にあてがうことで、血流の促進を抑えられ痛みが和らぎます。

とくに、気温が高い夏の時期は患部が熱を帯びやすくなるため、積極的に冷やすよう心がけましょう。

心臓より下に頭を持ってこない

頭を心臓より下に持ってきてしまうと、目の周りに血液が集中し痛みを感じやすくなります。

夜眠るときにいつもより高さのある枕を使用するのがおすすめです。

血流が良くなる行動を控える

ダウンタイム中は飲酒・激しい運動・ゴリゴリと擦るようなマッサージ・サウナなどを控える必要があります。

施術を受けてから数週間は、飲み会やエステの予定を入れないように注意しましょう。

また、糖質や炭水化物を摂ることも血流不良を起こしたり、浮腫みや炎症を長引かせる原因になるので、控えることをおすすめします。

目のクマ取りによる痛みが心配なら美容クリニック選びも大切

目のクマ取りによって生じる痛みが心配な人は、美容クリニックを慎重に選ぶ必要があります。

具体的には、以下のような美容クリニックを選ぶのがおすすめです。

  • カウンセリングが丁寧な美容クリニック
  • スキルフルな医師が在籍している美容クリニック
  • クマ取の症例が豊富な美容クリニック

カウンセリングが丁寧な美容クリニック

美容医療が普及している昨今では、数多くの美容クリニックが存在し、カウンセリングや施術の質はさまざまです。

カウンセリング時に患者の不安に寄り添ってくれる美容クリニックでないと、痛みに関する不安が解消されないまま施術を受けることになりかねません。

また、カウンセリング時に無理な営業や勧誘をしてくる美容クリニックも、経営が難航している恐れがあるため避けることをおすすめします。

丁寧なカウンセリングを実施している美容クリニックを選びましょう。

スキルフルな医師が在籍している美容クリニック

また、医師の力量が低いことが原因で痛みを感じやすくなるケースもあるため、高いスキルを保有している医師に施術を依頼すると良いでしょう。

医師の探し方としては、インターネット上の掲示板やSNSで口コミを収集する方法がおすすめです。

また、クマ取りの施術を受けたことのある知り合いから紹介して貰うのも手段のひとつです。

クマ取りの症例が豊富な美容クリニック

美容クリニックによって、力を入れている分野や得意としている分野が異なります。

痛みが心配な人は、クマ取りの症例が多い美容クリニックを選ぶと良いでしょう。

美容クリニックの公式サイトから症例を確認できるため、さまざまな美容クリニックを比較してみてください。

KOBE美容皮膚科 西宮院で目のクマ取りをするのがおすすめ!

痛みに関する不安を解消した状態で目のクマ取りの施術を受けたい人には、KOBE美容皮膚科 西宮院がおすすめです。

KOBE美容皮膚科 西宮院では患者1人1人の心に寄り添ったカウンセリングを実施しているため、痛みに関して納得感のある説明を受けられます。

また、クマ取りの施術を数多く経験した医師が在籍しているため、痛みに配慮して施術を実施してくれます。

ぜひ、KOBE美容皮膚科 西宮院でカウンセリングを受けてみてください。

【まとめ】痛みについて理解したうえで目のクマ取りの施術を受けよう


目のクマ取りにおける痛みの症状は、レーザー治療・下眼瞼脱脂・皮膚切除のうちどの方法を選択するかによって異なります。

また、患部を冷やしたり血流が良くなる行動を避けたりすることで、施術後の痛みを和らげられます

痛みが心配な人は、慎重に美容クリニックを選ぶことも重要です。

ぜひ、本記事の内容を参考にして、痛みに関する理解を深めたうえで施術を受けてみてください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00