COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

クマ取りは2週間後にダウンタイムが終わるの?ダウンタイム中の過ごし方や注意点も紹介

「クマ取りって2週間後にダウンタイムが終わるの?」

クマ取りの美容整形に対してこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?結論をいうと、クマ取りのダウンタイムは比較的短く1〜2週間程度で症状が改善することがほとんどです。

しかし、ダウンタイムの期間には個人差があり、2週間を過ぎても腫れや内出血があるといった方もいます。

この記事ではクマ取りのダウンタイムについて詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

クマ取りとは


クマ取りとは、結膜やまぶたの皮膚を切開して眼窩脂肪を取り除く施術方法です。

経結膜脱脂法や切開ハムラ法といった方法がクマ取りといわれる施術になります。

結膜や下まぶたのまつげのキワを切開して脂肪を取り除いていくため傷痕が目立たないのが特徴です。

目の下のクマは疲れた印象や老けた印象を抱かれやすいため、美容整形で脂肪を取り除くことで若々しく明るい印象へと導いてくれます。

クマ取りは2週間後にダウンタイムが終わる?

クマ取りのダウンタイムは1〜2週間です。

施術後2〜3日をピークに腫れや痛み、内出血などの症状が出現し、時間とともに軽快していきます。

症状のピークが過ぎれば、メイクなどで隠すことができるため、仕事や遊びの予定を入れても問題ないでしょう。

ただし、なかなか症状が落ち着かない、逆に悪化してしまっているなどといった場合には、患部の異常も考えられますので、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

クマ取りのダウンタイム中の症状

クマ取りのダウンタイムの症状には以下の4つがあります。

  • 内出血
  • 腫れ
  • 痛み
  • 血の涙

これらの症状は1〜2週間程度で落ち着くことがほとんどです。

それぞれの症状について詳しくみていきましょう。

内出血

クマ取りでは、切開して眼窩脂肪を取り除いていきます。

その際に、皮下組織内の毛細血管が傷つくことで内出血が起こります。

脂肪を除去する際には、毛細血管が傷つきやすく高い確率で内出血が生じますが、失敗ではないため心配する必要はありません。

通常1〜2週間で症状は軽快していきます。

またごく稀にあるのが、手術直後や数日間全く問題ない経過でも、突如、弱い血管が何かの拍子で切れて、内出血が現れることもあります。

腫れ

クマの原因となっている眼窩脂肪を取り除くために切開するため、ほとんどの症例で施術後に腫れが生じます

通常1〜2週間で徐々に腫れは引いていきますが、腫れがなかなか引かない、どんどん腫れが強くなって熱感があるといった場合には、感染を起こしている可能性もあるため、施術を受けたクリニックに相談することをおすすめします。

痛み

クマ取りでは、部分麻酔をおこなって施術をするため、施術中の痛みはほとんどありません。

しかし、施術後麻酔が切れたタイミングで痛みが生じることがあります。

クリニックによっては施術後に鎮痛剤が処方されることがありますので、鎮痛剤を飲みながら経過をみていくとよいでしょう。

なかなか、痛みがおさまらない、痛みがどんどん強くなる場合には、患部の異常も考えられますので、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

血の涙

結膜側から切開した場合には、結膜に傷痕が残ります。

施術後はしっかりと止血と傷口の焼灼による閉創を縫合しますが、粘膜ということもあり出血しやすい状態です。

しっかりと止血が完了するまでは、血の涙として流れ出てくることがあります。

明らかに流れてくる血の涙の量が多い、1週間以上経過しても血の涙が止まらないといった場合には、患部の異常も考えられるため、施術を受けたクリニックへ相談するようにしましょう。

クマ取りのダウンタイム中の過ごし方

クマ取りのダウンタイム中は以下の3つのポイントに気をつけて過ごすようにしましょう。

  • 患部をしっかり冷やす
  • 飲酒・入浴・運動を避ける
  • 枕を高くして寝る

過ごし方次第で、ダウンタイムを短くすることもできます。

以下の注意点をしっかり抑えつつダウンタイムを過ごすようにしましょう。

患部をしっかり冷やす

施術後は、患部をしっかり冷やすようにしてください。

患部を冷やすことで、腫れや痛みなどといった症状が治まりやすくなります。

ただし、冷やすのは手術後48時間までが好ましいです。

それ以上冷やすことはお勧めしません。

保冷剤などをタオルでくるんで冷やすようにしましょう。

直接患部に保冷剤を当てることは、凍傷などの原因となるためやめてください。

飲酒・入浴・運動を避ける

施術後1〜2週間程度は、入浴・運動・飲酒などの炎症の治りを悪くする行動を控えるようにしましょう。

これらの行動で、患部の腫れ・痛み・内出血といった症状が強く出てしまう可能性があります。

枕を高くして寝る

枕を高くして寝ることで、まぶたが浮腫むことを防いでくれます。

まぶたが心臓と同等の位置または下にあると、患部に血流が集中し、腫れや内出血などの症状が強くでる場合があります。

クマ取りをお考えならKOBE美容皮膚科 西宮院にお任せください


この記事では、クマ取りのダウンタイムについて詳しくご紹介しました。

クマ取りのダウンタイムは比較的短く1〜2週間程度で症状が改善することがほとんどです。

しかし、ダウンタイムの期間には個人差があり、2週間を過ぎても腫れや内出血があるといった方もいます。

ダウンタイムを短くするためには、ダウンタイムの過ごし方が大切です。

この記事で紹介したポイントを踏まえてダウンタイムを過ごすようにしましょう。

KOBE美容皮膚科 西宮院でもクマ取りの施術をおこなっております。

ご相談だけでも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31
06月/ 2024休診日:日曜日
1
2
休診日
3
4
5
6
7
8
9
休診日
10
11
12
13
14
15
16
休診日
17
18
19
20
21
22
23
休診日
24
25
26
27
28
29
30
休診日

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00