COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

30代におすすめのクマ取りとは?施術の流れや注意点も紹介

「30代になってクマが気になり始めた」

「クマ取りの美容整形が気になる」

このようなお悩みをお持ちの30代も方もいるのではないでしょうか。

30代になると肌に関するさまざまな悩みを抱える人が多くなる頃。

中でも、クマが目立つようになったと悩まれている方もいるでしょう。

そこで今回は、30代のクマの原因とクマ取りの施術内容、施術の流れについて詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

30代のクマの原因


30代のクマの原因には大きく以下の4つが影響しているとされています。

  • 生活習慣の乱れ
  • 目の刺激
  • ストレス
  • 眼精疲労

それぞれ詳しくみていきましょう。

生活習慣の乱れ

クマの大きな原因となるのが、生活習慣の乱れによる睡眠不足です。

30代となると仕事も中堅層となり忙しくなったり、妊娠や出産といったライフイベントで生活が変わったりすることが多いでしょう。

生活習慣が乱れることで、肌のターンオーバーが乱れ、溜まったメラニンを外に排出できなくなってしまいます。

メラニンが蓄積されることで肌が色素沈着を起こし、クマとして目立つようになります。

目の刺激

メイクやクレンジングの際に、目の周りを強くこすったりしていませんか。

目の周りの皮膚は薄く非常にデリケートです。

強く触ることが刺激となり、色素沈着を起こしてしまうことも。

また、紫外線や乾燥なども刺激となるため注意が必要です。

目の周りが色素沈着を起こすことで、クマとして目立ってしまいます。

ストレス

30代では、仕事や育児、家庭生活などでストレスを抱えている方も多いでしょう。

ストレスは、ターンオーバーが乱れる原因となり、メラニンの排出がうまくできなくなってしまいます。

メラニンが蓄積されることがクマの原因となってしまうのです。

眼精疲労

長時間スマホやパソコンの画面を見ることによって眼精疲労を引き起こしてしまいます。

眼精疲労を起こすと目の周りの筋肉がこわばって血流が悪くなり、クマや頭痛などの原因ともなってしまうのです。

30代のクマ取りにおすすめな施術方法

クマ取りには以下の4つの施術方法があります。

  • 脱脂
  • 切開ハムラ法
  • ヒアルロン酸
  • 脂肪注入

それぞれ詳しく解説していきます。

脱脂

脱脂とは、眼窩脂肪を取り除くことで目の下のたるみやクマを改善する施術方法です。

まぶたの裏側を切開して脂肪を取り除く方法を経結膜脱脂法や下眼瞼脱脂法と呼びます。

まぶたの裏の結膜を切開するため見える場所に傷痕が残りません。

切開ハムラ法

傷痕の目立ちづらい下まぶたのまつげのキワから皮膚を切開・除去し、突出した眼窩脂肪を目の下の凹んでいる部分に移動させることで目の下のたるみやクマを改善させる施術方法です。

同時に皮膚の切除もできるため、目の下の膨らみが強く、皮膚がたるんでいる方におすすめです。

ヒアルロン酸

目の下の凹んでいる部分にヒアルロン酸を注入することで、ハリを持たせたるみを目立たなくさせる施術方法です。

注射器を使用して複数回ヒアルロン酸を注入していきます。

効果もすぐに現れるのが特徴ですが、半永久的な効果は期待できないため、定期的に注射を打つ必要があります。

脂肪注入

逆に脂肪を注入することでたるみを目立たなくさせる施術方法もあります。

脂肪注入では、少なくなった頬に脂肪を補うことで、膨らんで目立っていたたるみを目立たなくさせることが可能です。

注射器を使用して脂肪を注入していくので、切らずに目のたるみを改善させることができます。

クマ取りの施術の流れ

クマ取りの施術の流れは以下の通りです。

  1. カウンセリング
  2. 施術日予約
  3. 施術
  4. 経過観察

それぞれ詳しくみていきましょう。

カウンセリング

医師とカウンセリングをおこない、仕上がりのイメージを共有していきます。

クマ取りだけでなく、美容整形においてカウンセリングは非常に重要です。

イメージと違う仕上がりにならないようにするためにも、カウンセリングの段階でご自身の希望をしっかりと伝えておくようにしましょう。

施術日予約

カウンセリングで仕上がりのイメージと施術内容の方向性が決まったら、施術日を予約していきます。

ダウンタイムを考慮して1週間前後はお休みをとれるところで予約することがおすすめです。

施術

実際に施術をおこないます。

どの施術方法も日帰りでの対応が可能です。

終了したら帰宅していただきます。

患部を隠すために、眼鏡やマスクを持参しておくとよいでしょう。

経過観察

自宅で過ごしながら経過をみていきます。

ダウンタイム中に患部のトラブルがあった場合には、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

クマ取り(脱脂)のダウンタイムは約2週間

クマ取りのダウンタイムは1〜2週間です。

施術後2〜3日をピークに腫れや痛み、内出血などの症状が現れ、その後1〜2週間程度で症状が軽快することがほとんどです。

症状のピークが過ぎれば、メイクなどで隠すことができるため、仕事や遊びの予定を入れても問題ないでしょう。

ただし、なかなか症状が落ち着かない、逆に悪化してしまっているなどといった場合には、患部の異常も考えられますので、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

クマ取りをお考えの方はKOBE美容皮膚科 西宮院にお任せください


この記事では、30代のクマ取りについて詳しくご紹介しました。

30代のクマの原因は主に以下の4つが影響しているとされています。

  • 生活習慣の乱れ
  • 目の刺激
  • ストレス
  • 眼精疲労

30代でクマに悩まれているという方は、クマの原因を取り除きつつ、美容整形の力を借りてクマ取りをおこなうことがおすすめです。

クマ取りにもいくつかの施術方法があるため、医師と相談しながらあなたに合った方法で施術を受けることをおすすめします。

KOBE美容皮膚科 西宮院でもクマ取りの施術をおこなっております。

ご相談だけでも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
休診日
31
休診日

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00