COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

クマ取りをしたい人におすすめな方法を解説!美容医療で解消しよう

クマに悩んでおり、美容クリニックでクマ取りの施術を受けようか迷っている人もいるでしょう。

本記事では、クマ取りに効果が期待できる4つの美容医療について詳しく解説します。

また、クマができる原因やおすすめの美容クリニックも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

クマ取りをしたい人は美容医療でアプローチするのがおすすめ


クマを改善したい人には、セルフケアよりも美容医療を受けることをおすすめします。

紫外線対策を徹底する・塩分を控える・蒸しタオルを使用する、といったセルフケア方法もありますが、美容医療を受ける方が高い効果を実感しやすいです。

セルフケアよりも美容医療のほうが費用が高いものの、高い効果を得やすいためスピーディーにクマを改善したい人は美容医療を検討してみてください。

クマ取りに効果が期待できるおすすめの美容医療

クマ取りへの効果が見込める美容医療として、以下の4つがおすすめです。

  • 下眼瞼脱脂
  • 脂肪注入
  • レーザー治療
  • ヒアルロン酸

それぞれの特徴やメリットについて詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

下眼瞼脱脂

下眼瞼脱脂とは、まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を取り除くことでクマを解消する施術のことです。

眼窩脂肪によって目の下にふくらみがある人におすすめです。

メスを使うものの、まぶたの裏側の目立ちにくい箇所を切開するため、傷跡が目立ちにくいです。

そのため、知人に美容医療を受けたことがバレたくない人に適している方法だと言えるでしょう。

また、痛みも予防接種程度です。

当院では若い方で窪みが起こりにくい方は脂肪を取る量を調整しています。

脂肪注入

脂肪注入は、目の下がくぼんでいることによってクマが目立つ人におすすめの美容医療です。

自身から採取した脂肪を注入するため、拒絶反応を起こさない安全な方法です。

くぼみに脂肪を注入しふっくらとさせることで、黒クマ・茶クマ・青クマへ効果が期待できます。

レーザー治療

いわゆる色素沈着やシミによってクマができている場合には、レーザー治療を行います。

赤クマ・青クマ・茶クマのうちどのクマに該当するか適切に見抜いてもらい、レーザー治療を受けましょう。

痛みは少ないですが、心配な人は麻酔クリームを使用してもらうのも手段のひとつです。

ヒアルロン酸

目の下にあるくぼみにヒアルロン酸を注射することで、クマを目立ちにくくする施術です。

施術後すぐに効果があらわれやすい施術ですが、1年~2年ほどで効果が切れる人が多いです。

そのため、効果を維持するためには定期的に施術を受ける必要があります。

メスを使わない注射なため、美容医療を受けるのが始めてな人でも安心して施術に臨める点が魅力です。

ただし、目の下の皮膚は薄く透けやすい傾向にあるため、目の下へのヒアルロン酸注入では、逆に青黒く透けて見えたり、ぽこつきが出やすかったりするため、積極的にはおすすめしない治療ではあります。

そもそもクマができる原因とは?

ここでは、クマができる原因について詳しく解説します。

具体的には、以下の5つが挙げられます。

  • 眼精疲労
  • ストレス
  • 生活習慣
  • 目への刺激
  • 生まれつき目の周りの脂肪が多い

クマの原因を把握しておくことで、新たなクマができにくい習慣を身に付けられるでしょう。

眼精疲労

パソコンやスマートフォンを長時間見続けると、眼精疲労が溜まります。

眼精疲労が蓄積すると目の周りの筋肉が凝り固まり、血流が悪化するためクマ以外にも頭痛や肩こりの原因となります。

ホットアイマスクや蒸しタオルで目の下を温める・目のツボを押すといった方法を取ることで、眼精疲労を改善できます。

ストレス

ストレスが溜まると肌のターンオーバーが乱れてしまうため、メラニンを排出しにくくなります。

メラニンの蓄積は色素沈着を引き落としクマに繋がるため、ストレスを軽減する必要があります。

仕事や育児などでストレスが溜まっている人は、適度に休憩を挟む・たっぷり睡眠をとる、といった方法で上手に発散しましょう。

生活習慣

生活習慣が乱れると、肌のターンオーバーが適切に働かなくなり、クマが目立つ原因になります。

規則正しいリズムで起床・就寝・食事をすることで、クマの予防につながるため、実践してみてください。

ただし、仕事が忙しいなどの理由で生活習慣の乱れをカバーできない人は、美容医療に頼ることをおすすめします。

目への刺激

目の周りの皮膚は他の箇所よりも薄いため、強い刺激を与えると色素沈着につながりかねません。

日頃からメイクや化粧落としをする際に、優しい力で触れるように心がけましょう。

直接触れる以外にも、乾燥や紫外線による刺激にも注意しましょう。

保湿や紫外線対策を入念に行うことで、クマを予防しやすくなります。

生まれつき目の周りの脂肪が多い

目の周りの脂肪が先天的に多いことも、クマができる原因のひとつです。

眼窩脂肪があることで、黒クマや赤クマの出現につながります。

この場合、脱脂の手術を受けて眼窩脂肪を取り除けば、クマが改善するケースが多いです。

クマ取りの施術を受けたい人はKOBE美容皮膚科 西宮院へ!

美容医療を通じてクマ取りをしたいと考えている人には、KOBE美容皮膚科 西宮院がおすすめです。

KOBE美容皮膚科 西宮院はアンチエイジング治療に力を入れているため、加齢とともにクマが気になっている人に最適な美容クリニックです。

院長の山本医師はクマ取りに関する経験やスキルが豊富なため、施術を依頼することで若々しい目元を手に入れやすいです。

一言で「クマ」といっても茶クマや黒クマなどさまざまな種類があり、クマや皮膚の状態によって適切な治療は異なります

その点、KOBE美容皮膚科 西宮院では丁寧なカウンセリングを実施しているため患者1人1人にあった治療を提案します。

無理な営業行為がないため、ストレスを感じることなくカウンセリングを受けられるのも嬉しいポイントです。

ぜひ、KOBE美容皮膚科 西宮院でクマ取りの施術を受けてみてください。

【まとめ】クマ取りにおすすめな施術について理解しよう


クマ取りにおすすめな美容医療は、下眼瞼脱脂・脂肪注入・レーザー治療・ヒアルロン酸の4つです。

クマをセルフケアによって改善しようとする人も多いですが、美容医療に頼る方がスピーディーかつ高い効果を期待できます。

クマの状態によって適切な施術は異なるため、自分にあった治療法を提案してくれる美容クリニックを探しましょう。

ぜひ、本記事の内容を参考にして、クマ取りを成功させて若々しい印象の見た目を手に入れてください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
休診日
31
休診日

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00