COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

フォトフェイシャルのダウンタイムとは?症状や施術後の経過について紹介

「フォトフェイシャルのダウンタイムってどのくらい?」

「ダウンタイムの症状って何がある?」

フォトフェイシャルとは、顔に特殊な光を当てることで、肌トラブルを解消する施術です。

そんなフォトフェイシャルのダウンタイムについて気になっている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、フォトフェイシャルのダウンタイム中の症状や期間、経過など詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

フォトフェイシャルとは


フォトフェイシャルとは、IPL(Intense Pulsed Light)という特殊な光を肌に照射することで、肌トラブルを解消する施術です。

フォトフェイシャルによって解消が期待できる肌トラブルは以下の通りです。

  • くすみ
  • 赤ら顔
  • シミ・そばかす
  • ハリ
  • 毛穴の開き
  • 小じわ

肌トラブルの原因となっているメラニンや毛細血管などにIPLの光を照射することで、光エネルギーが熱に変換され上記の肌トラブルに対し効果が見込めます。

フォトフェイシャルの光は肌トラブルの原因となっている部分のみに反応するため、素肌を傷つけることがありません

同時に、コラーゲンの生成が促されるためハリのある肌へと導いてくれるのです。

施術は2週間〜1カ月に1回を4〜5回ほど繰り返す必要があります。

フォトフェイシャルのダウンタイムの症状

フォトフェイシャルではダウンタイムがほとんどありませんが、まれに以下の症状が出現することがあります。

  • 赤み・腫れ
  • ヒリヒリした痛み
  • かさぶた
  • 水ぶくれ

それぞれ詳しく解説します。

赤み・腫れ

一時的な赤みや腫れが生じることがあります。

​​個人差がありますが、人によっては赤みや腫れが数日続くことも。

それほど強いものではなく、自然に軽快していくので心配する必要はありません

ヒリヒリした痛み

なかには、ヒリヒリとした灼熱感を感じる方もいます。

この症状は一時的であることがほとんどで、照射後に冷却すればすぐにおさまることが多いです。

かさぶた

フォトフェイシャル後にできるかさぶたのようなものは、赤味やマイクロクラストと呼ばれる細かなかさぶたです。

これは自然な反応であり、1〜2週間程度で自然に剥がれ落ちます。

かさぶたを無理に剥がすと、色素沈着になってしまうため、こすったり触ったりしないようにしましょう。

水ぶくれ

まれに施術後に水ぶくれが発生することがあります。

水ぶくれは、効果が強くあらわれる方に生じやすいです。

水ぶくれが早くに破れてしまうと、炎症後色素沈着になりやすいため注意しましょう・

フォトフェイシャル後の経過

ここでは、フォトフェイシャル後の経過について解説します。

  • 当日〜1日後
  • 2〜3日後
  • 1週間後
  • 2週間後

あらかじめ施術後の経過を理解しておくことで、ダウンタイムや副作用が生じた際にあせらずに済むでしょう。

なお、これから説明する経過とは明らかに異なる症状が発生した際には、早急に医師に相談することが大切です。

当日〜1日後

フォトフェイシャルを受けた直後は、個人差はありますが赤みやかゆみが出ることがあります。

赤みは冷却することですぐに引き、ほとんどの場合当日中におさまります。

施術後は肌が非常にデリケートな状態となっているため、外部からの刺激に弱くなっています。

そのため、日焼け止めや日傘などで紫外線対策をして、保湿をしっかりおこなうようにしましょう。

フォトフェイシャルは、施術当日からメイクが可能です。

ほかも普段通りに生活していただくことができます。

翌日以降には、シミが濃くなってきます。

2〜3日後

施術後2〜3日間はダウンタイム期間です。

なるべく刺激を避け、肌に触れないように過ごすようにしましょう。

フォトフェイシャル翌日以降から、薄いシミでもはっきりと濃く浮き上がってきて、細かいかさぶたができることがあります。

失敗したのでは?と不安に思われる方もいるかもしれませんが、これは自然な反応であるため心配する必要はありません。

かさぶたが気になっても絶対に触ったり剥がしたりしないようにしてください。

1週間後

細かいかさぶたがたくさんできた場合。

肌が汚れた見た目になります。

施術後1週間〜10日くらいで自然に剥がれ始めますので、無理に触らないようにしましょう。

かさぶたが自然に剥がれ落ちることで、シミ・そばかすが薄くなり、きれいな肌状態へと変化していきます。

この頃に、フォトフェイシャルの効果を実感できる方が多いでしょう。

2週間後

効果が弱まってくる頃です。

クリニックによって異なりますがフォトフェイシャルは、2週間〜1カ月おきに通うのがおすすめです。

このサイクルは肌のターンオーバーに合わせた周期となっています。

ただし、施術の間隔には個人個人で異なることもあるため、医師と相談して決めましょう。

KOBE美容皮膚科 西宮院はエイジングケアを得意としている

KOBE美容皮膚科 西宮院は、エイジングケアの専門家がオリジナル美肌治療を提供しています。

そのため、加齢とともにさまざまな肌トラブルが生じ、悩みを抱えている人にとくにおすすめです。

また、カウンセリング時には半個室の空間を使うため、プライバシーを守れるのも嬉しいポイントです。

ラグジュアリーな内装となっているため、心地よくカウンセリングや施術を受けられるでしょう。

フォトフェイシャルを受けようかお悩みの方は相談だけでも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

フォトフェイシャルを受けて理想の肌を手に入れよう


この記事では、フォトフェイシャルのダウンタイムについて紹介しました。

フォトフェイシャルは、高い効果が期待できるうえにダウンタイムがほとんどないのが特徴です。

くすみ・赤ら顔・シミ・そばかす・ハリ・毛穴の開き・小じわといった、多様な肌トラブルに対して改善効果が期待できるため、複数の悩みを抱えている人にもおすすめです。

あなたもフォトフェイシャルを受けてキレイな肌を手に入れてみませんか。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31
06月/ 2024休診日:日曜日
1
2
休診日
3
4
5
6
7
8
9
休診日
10
11
12
13
14
15
16
休診日
17
18
19
20
21
22
23
休診日
24
25
26
27
28
29
30
休診日

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00