COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

広い二重幅を作る方法は?短期間で結果を出せる美容整形がおすすめ!

本来であれば形に優劣の差はありませんが、多くの人が憧れる美の一つが二重まぶたです。

理想の姿を手に入れるために、アイプチや化粧品などの道具を駆使することで、時間をかけて二重を作る人も増えています。

ただしまぶたへの負担が継続的にかかることで、眼瞼下垂など将来的なトラブルを起こす可能性もあるため注意が必要です。

二重整形なら、たった一度の施術で自然な美しい二重を長期にわたって実現でき、まぶたへの継続的な負担を抑えられます。

広い二重幅が与える印象


広い二重幅は、大きく開いた目をキープできます。

化粧を加えれば、より美しく華やかに見られることで、憧れの的となることが多いものです。

ただし、これは「自然に見える広い二重幅」の特徴であり、広すぎる二重幅であれば、不自然に見えたり眠そうに見えたりと、マイナスな印象を与えてしまいます。

広い二重幅が与える印象は、ポジティブな面もあればネガティブな面もあります。

ポジティブな面を引き出すためには、自分に合った広さの二重幅を見つける必要があるでしょう。

セルフで自然な広い二重幅を作る方法

セルフで自然な広い二重幅を作るには「マッサージをする」「アイテムを使う」といった方法があります。

マッサージする

二重を作るマッサージでは、目頭や眼輪筋に対して指で刺激を与える方法が一般的です。

目の周囲にある眼輪筋が鍛えられることで、徐々に筋肉が発達して二重が作られます。

ただし効果があらわれるまでには時間がかかるため、継続的な努力が必要です。

また、まぶたの脂肪が多い人は効果が出るまでに時間を要する可能性があります。

アイテムを使う

アイプチやアイテープなどのアイテムを利用して二重を作る方法は一般的にも有名です。

アイメイクやアイシャドウを使って、くっきりとした広い二重を作ることも可能です。

商品の購入費はかかりますが、どれも即効性があることから多くの人が愛用しています。

セルフで広い二重幅を作る際はまぶたの負担に注意

セルフで広い二重幅を作る際は注意点もあります。

マッサージでも、アイテムを使うにしても、まぶたに対して継続的に過度な刺激を与えれば、将来的にたるみや眼瞼下垂を引き起こすリスクが発生します。

アイメイクやアイシャドウは成分が体質に合っていなければ、かぶれる可能性もあるため商品の選択に注意しましょう。

美容整形で自然な広い二重幅を作る方法

二重整形には埋没法と切開法という2つの術式があります。

施術の内容やメリット・デメリットが異なるため、自分に合ったものを選択しましょう。

埋没法

埋没法は極細い柔軟性のある糸を使い、人工的に二重を形成する施術です。

メスを使わないためダウンタイムは軽度で、傷跡も経過とともに解消されます。

加えて費用は切開法よりも安いため、埋没法は手軽に受けられる整形術として人気です。

ただし糸で作った二重の持続力は、永続的なものではありません。

なかには10年以上にわたって二重を維持できている人もいますが、持続期間には個人差があります。

切開法

切開法はメスを使ってまぶたの上を切開・縫合することで二重を作る施術です。

ダウンタイムは1〜2ヶ月で、埋没法と比較して費用が高くなりますが、デザイン性に優れており半永久的な効果が期待できることが大きな利点です。

ただし施術に失敗すれば目も当てられない結果となってしまうため、クリニックの選択は慎重に行いましょう。

美容整形で不自然な広い二重幅になる理由は?

不自然な二重幅になってしまう理由の多くは、医師の技術力不足による失敗が挙げられます。

顔のバランスと合っていない二重幅を作ってしまうことも要因ですが、技術・経験に優れた医師であれば事前に避けられます

医師の技術力が不足している

自然な二重を実現するためには、手術を行う医師の技術・技能がもっとも重要な要素です。

医師に十分な技術がない場合、不自然な二重幅になってしまうことがあります。

理想の結果を得るためには、熟練した医師が在籍するクリニックを頼りましょう。

二重幅が顔のバランスに合っていない

不自然な見た目となってしまう理由の一つは、二重幅と顔のバランスが合っていないことです。

最適な二重の幅は、ひとりひとり異なります。

医師は患者の顔の大きさや、パーツを計算した上で、最適な二重幅を提案する必要があります。

判断は患者自身に委ねられますが、不自然な見た目を避けるためには顔のバランスに適した二重幅を検討することが望ましいです。

ダウンタイムの副作用が残っている

腫れやむくみなど、ダウンタイムに伴う副作用が残っていれば、不自然な見た目となってしまいます。

ダウンタイムは埋没法では2~3週間程度、切開法であれば少なくとも1ヶ月の期間を要します。

経過とともに少しずつ改善はしますが、副作用が強く出ている期間はなるべく人と会うのは避けた方が賢明です。

どうしても人と会う必要がある場合は、眼鏡やサングラスの着用で対処しましょう。

自然な広い二重幅を作るには

自然な広い二重幅を作るには、二重整形で良質な実績が多いクリニックを利用しましょう。

ただし、どんなに技術のある医師でもカウンセリングをおろそかにするようでは良い結果は得られません。

二重整形で良質な実績が多いクリニックを利用する

美しく自然な二重まぶたを作るには、十分な実績を持つクリニックを探すことが大切です。

評判の良いクリニックでは、二重整形において高い技術を有した医師が在籍している可能性が高いです。

アフターケアも十分で、万が一の事態が起こったとしても迅速に対処してもらえるでしょう。

カウンセリングを予約する前には必ず下調べを行うべきです。

カウンセリングで理想となる二重の詳細を伝える

カウンセリングでは、二重整形で実現したい姿を医師と共有しましょう。

手に入れたい理想の仕上がりの画像を持参することも非常に有効で、お互いの認識に差異なく施術に臨めます。

カウンセリングでは手術に何を期待しているのか、詳しく伝えてください。

ダウンタイムを適切に過ごす

術後は体が適切に回復するように、ダウンタイムの過ごし方に気をつけましょう。

できれば術後から数日間は仕事を休み、患部に負担をかけるような活動を避けた方が良いです。

激しいスポーツや飲酒など、血行を上げる行為は控えてください。

生活習慣を改善することも、回復力の促進につながります。

自然な二重幅の形成はKOBE美容皮膚科 西宮院へ

自然な二重幅の形成には医師の技術と経験が問われます。

たとえ同じ二重幅の施術を希望するにしても、まぶたの形はひとりひとり異なるからです。

当院の施術はお客様の状態と希望に添えるよう、全てオーダーメイドで行なっています。

多くのお客様から気軽に利用していただくため、初診・再診・カウンセリングは無料です。

二重整形について要望があればお気軽にご相談ください。

短期間で自然な二重幅を作るなら美容整形がおすすめ


広い二重幅を理想として掲げる人も多いですが、自分の顔のバランスに合っていなければ不自然な出来栄えとなってしまいます。

二重を作る方法には、セルフで行うか、クリニックを利用するかの2つの手段があります。

セルフの場合は、まぶたへの負担を極力減らして行いましょう。

クリニックで二重を形成する際は、実績が多く評判の良いところを利用することをおすすめします。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00