COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

二重整形のやり方は埋没法・切開法の2種類!それぞれの特徴を紹介

二重整形に挑戦したいものの、やり方が分からないという人もいるでしょう。

二重整形には、埋没法・切開法の2種類のやり方が存在します。

本記事では、それぞれのメリットや効果・デメリットや副作用について詳しく解説します。

おすすめの美容クリニックも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

二重整形のやり方①埋没法


二重整形埋没法は、まぶたに医療用の糸を通し固定することで、二重ラインを生成する施術です。

留める点数によって費用が異なります。

多くの糸を留める方が二重ラインがクッキリとしますが、かえって不自然な仕上がりになるケースもあるため、医師と慎重に話し合いましょう。

ここでは、埋没法に関する以下の項目について詳しく解説します。

  • 二重整形埋没法のメリットや効果
  • 二重整形埋没法のデメリットや副作用

二重整形埋没法のメリットや効果

埋没法は、施術を受けてからやり直しが効くうえに費用が安いため、気軽に施術を受けられるというメリットがあります。

美容クリニックによって費用は異なりますが、30万円程度が相場だと言われています。

また、切開法に比べてまぶたへの負担が少なく、傷跡が目立たないため周囲の人に整形を受けたことがバレにくいです。

そのため、これまでに美容整形を受けたことがない人であっても挑戦しやすい術式だと言えるでしょう。

二重整形埋没法のデメリットや副作用

糸によって二重ラインを作り出す埋没法は、施術方法によって効果の持続が異なります。

なかには10年以上美しい二重ラインが持続する人もいますが、多くの人は時間の経過とともに糸が緩んだり外れたりします。

また、まぶたの脂肪が多い人は埋没法に向いていません。

脂肪によって糸が留まりにくく、成功したとしてもすぐに糸が取れてしまう恐れがあります。

脱脂法を併用すれば脂肪を取り除いた状態で埋没法を受けられます。

結果として、切開法を受けるのと変わらない料金を支払うケースも少なくありません。

埋没法の副作用として腫れや痛みなどが挙げられますが、切開法と比べて症状は軽く、基本的には2~3週間程度で治まります。

二重整形のやり方②切開法

埋没法と並んで多くの人が施術を受けている二重整形のやり方が、切開法です。

メスを使ってまぶたを切開し、瞼を上げる挙筋と皮膚を縫い合わせることで二重ラインを生み出します。

全切開法と部分切開法の2種類があり、部分切開法のほうがまぶたへの負担を抑えられます。

ここでは、以下の2つの項目について解説するため、ぜひ参考にしてください。

  • 二重整形切開法のメリットや効果
  • 二重整形切開法のデメリットや副作用

二重整形切開法のメリットや効果

切開法は、平行二重や幅の広い二重など、さまざまなデザインに対応できる術式です。

また、メスを使って切開するため、時間が経過しても二重ラインが取れることはありません。

そのため、半永久的な二重ラインを手に入れたい人から高い人気を集めています。

埋没法を受けるにはまぶたの脂肪が多すぎる人でも、切開法なら難なく受けられます。

切開の際に脂肪を取り除いてから縫合できるためです。

このように、切開法にはさまざまなメリットがあります。

二重整形切開法のデメリットや副作用

切開法は、メスで皮膚を切る施術なため、一度施術を受けると修正ができません。

理想通りの仕上がりにならなかったとしても元に戻せないため、慎重に医師を選ぶ必要があります。

埋没法と比べて費用が高額な点も、切開法のデメリットです。

10万円~40万円が切開法の相場だと言われています。

腕前の高い医師に依頼し失敗リスクを回避するためにも、価格の安さを基準に美容クリニックを選ばないようにしましょう。

埋没法・切開法がおすすめな人の特徴

埋没法がおすすめな人の特徴は、以下のとおりです。

  • ふたえ整形にかかる費用を安く抑えたい
  • 失敗リスクの少ない方法で二重整形を受けたい
  • まぶたの脂肪や厚みが少ない
  • 周囲にバレないよう自然に仕上げたい
  • まぶたへの負担が心配

一方で、切開法は以下の特徴に当てはまる人におすすめの施術です。

  • 二重ラインを半永久的に持続させたい
  • 幅の広い二重にしたい
  • まぶたの脂肪が厚く埋没法を受けられない
  • 10万円~40万円程度の予算がある

どちらを受けるべきか判断に迷う場合、美容クリニックのカウンセリングで相談するのがおすすめです。

複数の美容クリニックへ足を運び医師から提案を受けることで、自分にあったやり方がわかります。

二重整形を成功させるためのクリニック選び

二重整形を受けるからには、失敗を避けたいと思うものです。

医師選びに失敗すると、理想とはかけ離れた二重になってしまう恐れがあります。

切開法の場合修正が不可能ですし、埋没方であっても修正費用が追加で発生することもあります。

美容クリニックを選ぶ際には、二重整形の症例が豊富にあるか公式サイトで確認しましょう。

また、実際に利用した人の口コミなどを調査するのも効果的です。

そのうえで良さそうな美容クリニックへ足を運び、カウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングで疑問や不安に丁寧に寄り添ってくれたり、納得感のある説明をしてくれたりするところは、良い美容クリニックである可能性が高いです。

一方で、雑な対応や無理な営業行為をされた場合は、別の美容クリニックを選ぶことをおすすめします。

二重整形埋没法を受けるならKOBE美容皮膚科 西宮院!

KOBE美容皮膚科 西宮院は、二重整形埋没法を得意としています。

理想の仕上がりについてじっくり聞いたうえで目元の状態を確認し、適切な点数を提案しています。

また、心臓外科手術にも使用されている肌に優しい糸を使っているため、まぶたへ大きな負担をかけることなく手術を実施しているのも魅力です。

美容医療のエキスパートである山本医師が監修をし、山本医師を含めた経験豊富な医師が施術を実施しているため、安心して施術を受けられるでしょう。

ぜひ、お気軽にカウンセリングにお越しください。

【まとめ】二重整形のやり方について理解を深めよう


二重整形のやり方には埋没法・切開法の2種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

自然な二重を手に入れたい人や費用を余りかけたくない人には、埋没法がおすすめです。

一方で、半永久的な二重ラインを生成したい人は切開法を選ぶと良いでしょう。

ぜひ、本記事の内容を参考にして二重整形のやり方に関する理解を深めてください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00