COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

クマ取りの整形はどれがいい?費用の相場やダウンタイムなど詳しく紹介

「クマ取りの整形が気になる」

「具体的にはどんな施術があるの?」

「クマ取り整形を探している」

目の下のたるみやクマを効果的に除去してくれるクマ取りの整形にはどんな施術があるのかと疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。

クマ取りの整形でおすすめの施術方法は以下の3つです。

  • 下眼瞼脱脂術
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注入

この記事では、それぞれの施術の特徴とメリット・デメリットなどについて詳しく紹介します。

これからクマ取りの整形を受けようと思われている方はぜひ参考にしてみてください。

クマ取りの整形


クマ取りの整形には以下の3つの施術方法があります。

  • 下眼瞼脱脂術
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注入

それぞれ詳しく解説します。

下眼瞼脱脂術

下眼瞼脱脂術とは、眼窩脂肪が原因である目の下の膨らみを除去する施術方法です。

目の下の膨らみである眼窩脂肪が突出する主な原因は、加齢です。

黒クマは、この膨らみが突出してくることで目の下に影ができることで発生します。

膨らみの程度によっては、目の下のたるみも目立ってくることがあるでしょう。

この部分を取り除くことで、黒クマを解消させることが可能です。

脂肪注入

脂肪注入とは、自分の体から除去した脂肪を注入することで、目の下のたるみやクマを解消させる施術方法です。

脂肪を注入すると目の下の膨らみが強くなるのではないかと不安に思われる方もいるかもしれません。

しかし、脂肪注入では、目の下の膨らみの凹んだ部分に脂肪を注入することで膨らみを目立たなくさせられます。

凹みやたるみだけでなく、しわも改善させることが可能です。

下眼瞼脱脂術との同時施術も可能であり、目元の印象を明るく若々しく変化させることができます。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入とは、目の下のたるみやクマが気になる部分にヒアルロン酸を入れて目立たなくさせる施術方法です。

脂肪注入のようにたるみやクマによって凹んだ部分にヒアルロン酸を入れていき、目の下の膨らみを目立たなくさせます。

しかし、目の下の皮膚が他の皮膚と比べて薄いため、ヒアルロン酸でへこみを改善しようとすると、青黒く透けて見えてしまうことも多く、あまりおすすめではありません。

ヒアルロン酸より脂肪注入の方がおすすめです。

PRPやFGFをやられているクリニックもありますが、こちらもおすすめではなく、なぜなら、膨らみ具合が予測できず余計に膨らむ可能性があることもそうですし、しこりに触れる場合もあるからです。

ヒアルロン酸を注射針で注入するだけなので、手軽に受けられるのが嬉しいポイントです。

下眼瞼脱脂術のメリット・デメリット

ここでは、下眼瞼脱脂術のメリット・デメリットについて解説します。

メリット

下眼瞼脱脂術のメリットは以下の通りです。

  • 効果が半永久的に持続する
  • 1回の施術で効果が期待できる
  • 顔の見える部分に傷跡が残らない
  • ダウンタイムが短い

下眼瞼脱脂術で除去した脂肪は、再発することがほとんどありあません。

そのため、1度受けた施術の効果は半永久的に持続します。

また、結膜側を切開して脂肪を除去するため見える場所には傷跡が残らず、ダウンタイムも短い傾向にあるといったメリットがあります。

デメリット

一方、下眼瞼脱脂術のデメリットは以下の通りです。

  • 脂肪が少ない人は効果を感じにくい
  • 小じわが発生するケースがある
  • まれに再発することがある
  • ダウンタイム中に腫れや内出血が起こることがある

下眼瞼脱脂術は、眼窩脂肪を取り除くことで目の下のたるみやクマを改善させるため脂肪が少ない方には不向きなうえに、効果が感じられないこともあります。

メリットの部分で半永久的に持続すると解説しましたが、まれに再発することがあるため注意が必要です。

ダウンタイムは短い傾向にありますが、腫れや内出血が起こることもありますので注意しましょう。

脂肪注入のメリット・デメリット

ここでは、脂肪注入のメリット・デメリットを解説します。

メリット

脂肪注入のメリットは以下の通りです。

  • アレルギーのリスクが少ない
  • ヒアルロン酸よりも効果がある

自分の体からとった脂肪を注入するため、アレルギーのリスクが低く安全性の高い施術であるのが特徴です。

デメリット

脂肪注入のデメリットは以下の通りです。

  • 注入したすべての脂肪が定着するわけではない

明確なデータはありませんが、注入した半分程度の脂肪しか定着しないといわれています。

ヒアルロン酸注入のメリット・デメリット

ここでは、ヒアルロン酸注入のメリット・デメリットを解説します。

メリット

ヒアルロン酸注入のメリットは以下の通りです。

  • 施術費用が安価である
  • 気軽に施術を受けやすい
  • ダウンタイムがほとんどない

ヒアルロン酸注入はほかの施術方法と比較して、費用が安い傾向にあります。

ダウンタイムもほとんどないため、気軽に受けやすいといったメリットがあります。

デメリット

一方、ヒアルロン酸注入のデメリットは以下の通りです。

  • 効果の持続期間が短い
  • 効果を持続させるためには定期的な施術が必要である
  • 青黒く透けて見えてしまう場合がある

ヒアルロン酸の効果は約半年〜1年程度です。

そのため、効果を持続させたい場合には定期的に施術を受ける必要があります。

クマ取りのダウンタイム中の症状は4つ

比較的ダウンタイムが短く、軽い傾向にあるクマ取りですが、ダウンタイム中には以下の4つの症状が出現することがあります。

  1. 内出血
  2. 腫れ
  3. 痛み
  4. 血の涙

それぞれ詳しく解説します。

内出血

脂肪を除去・注入する際に、毛細血管を傷付けてしまうことで内出血が生じることがあります。

内出血が発生した場合でも、メイクでカバーできる程度であることがほとんどです。

当院では、なるべく内出血が生じないように施術を行っています。

腫れ

施術後に腫れが生じる可能性がありますが、1週間以内に軽快することがほとんどです。

痛み

麻酔が切れたタイミングから施術後2〜3日あたりまで、痛みが生じることがあります。

時間の経過とともに改善していきます。

痛みが強い場合には、鎮痛剤を服用しながら様子をみるとよいでしょう。

血の涙

血の涙は下眼瞼脱脂術をおこなった際に起こりうる可能性のある症状です。

結膜側の粘膜を切開して脂肪を除去するため、術後に出血することがあります。

この出血が血の涙として流れてくることがあります。

施術後にレーザーを使用し、しっかりと止血の処置をしているため心配する必要はありませんが、なかなか症状が改善しない場合にはクリニックに相談するようにしましょう。

KOBE美容皮膚科 西宮院はクマ取りが得意

KOBE美容皮膚科 西宮院では、下眼瞼脱脂術と脂肪注入の同時施術をおこなっております。

同時に施術をおこなうことで、クマ取りによって起こりやすい目の下の凹みやたるみ、シワも改善させることが可能です。

下眼瞼脱脂術のみの施術では、小じわが発生するリスクなどがあります。

しかし、脂肪注入を併用することでそういったリスクを減らすことも可能です。

脂肪を除去・注入した部位は、すぐにハリ感が出て、明るく若々しい目元に導くことができます。

KOBE美容皮膚科 西宮院のクマ取りが気になる方は、相談だけでも承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

自分に合った方法でクマ取りの整形を受けよう


この記事では、クマ取りの整形について詳しく紹介しました。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った方法を見つけていきましょう。

ぜひ、この記事を参考に探してみてくださいね。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00