COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

クマ取りの方法について徹底解説!施術の流れも紹介

「クマ取りってどんな施術方法がある?」

「具体的な施術内容を知りたい」

「自分に合ったクマ取りの方法ってどれだろう…?」

目の下のたるみやクマを改善してくれるクマ取りですが、どの方法が自分に適しているのか分からないとお悩みの方もいるのではないでしょうか。

この記事では、そんなお悩みをお持ちの方におすすめの3つの施術方法をご紹介します。

施術の流れなどにも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

クマ取りの整形方法は3つ


ここでは、クマ取りの整形方法を3つ紹介します。

  1. 下眼瞼脱脂術
  2. 脂肪注入
  3. ヒアルロン酸注入

それぞれ詳しく解説します。

1.下眼瞼脱脂術

下眼瞼脱脂術とは、加齢によって前に突出した目の下の膨らみ(眼窩脂肪)を取り除く方法を指します。

目の下の膨らみによって目の下に影ができることで目立つのが黒クマです。

上を向いたときにクマが薄くなったり、引っ張って消えたりするのが特徴です。

黒クマに悩まれている方は、下眼瞼脱脂術が有効な施術方法になります。

比較的負担の少ない施術で、ダウンタイムも短い傾向にあるのが特徴です。

脂肪は、一度取り除けば再び増えることがないため、効果は半永久的に持続します。

ただし、まれに再発することもあるため注意が必要です。

目の下の余分な脂肪を取り除くことで、暗い目元を明るく若々しい印象にすることができます。

2.脂肪注入

脂肪注入とは、自分の体から除去した脂肪を目の下の凹みに注入してたるみやクマを目立たなくさせる施術方法です。

下眼瞼脱脂術をおこなった際に、目の下のくぼみが目立つ、除去した部分の下がたるむことが想定される場合には、脂肪注入を同時におこなうことがあります。

目の下の凹みやたるみを改善させる方法として、次項で解説するヒアルロン酸注入もありますが、脂肪注入の方が効果の持続期間が長く、注入した部位に生着してくれる・アレルギーのリスクが少ないといった特徴があります。

ただし、注入したすべての脂肪が定着するわけではありません。

3.ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入とは、目の下にヒアルロン酸を注射することで、目の下のたるみやクマを目立たなくさせる施術方法です。

前項で解説した下眼瞼脱脂術や脂肪注入と比較すると価格が安価であり、気軽に受けられるのがメリットです。

ただし、ヒアルロン酸の効果の持続期間が約半年〜1年と限定的であるため、定期的な施術が必要となります。

また、目の下の皮膚は薄く透けやすいため、目の下にヒアルロン酸を注入すると、青黒く透けて見えたり、ぽこつきが出やすかったりするため、あまりおすすめできません。

下眼瞼脱脂術の施術方法

下眼瞼脱脂術の具体的な施術の方法は以下の通りです。

  1. 点眼麻酔や局所麻酔を実施
  2. 目の内側の結膜を約1センチ切開
  3. 専用の器具で脂肪を見分けて、脂肪を除去
  4. 脂肪除去が終わったら、電気メスで止血
  5. 終了

粘膜を切開する下眼瞼脱脂術では、施術後にレーザーを使用ししっかりと止血処置をおこなっていきます。

それでも術後に多少の出血がありますが、徐々に減っていくため心配する必要はありません。

また、抜糸をする必要もありません

脂肪注入の施術方法

脂肪注入の具体的な施術方法は以下の通りです。

  1. 脂肪を除去する部分に局所麻酔を実施
  2. 専用の針で脂肪を30mlほど(大さじ2杯ほど)採取
  3. 目の下の脂肪を注入する部分に局所麻酔
  4. 2で採取した脂肪を特殊な方法で、精製し、ゲル状にする
  5. 4で作成した特殊な脂肪をデザインした箇所に適切に注入する
  6. 終了

注入前に脂肪を除去するといった工程があります。

どちらも麻酔をおこなって実施するため痛みを感じることはほとんどありません

ヒアルロン酸注入の施術方法

ヒアルロン酸注入の具体的な施術方法は以下の通りです。

  1. 表面麻酔を実施
  2. 針を刺しヒアルロン酸注入する
  3. ヒアルロン酸を注入するときは、マイクロカニューレという針先の丸い針を使い、内出血を抑え、少量ずつ綺麗に入れる
  4. 終了

薬液を注入するだけであるため、施術時間も10分程度と短いのが特徴です。

忙しくてなかなか時間が取れないといった場合でも、手軽に施術を受けることができるでしょう。

クマ取りの費用の相場は?

クマ取りの施術費用の相場はそれぞれ以下の通りです。

術式 費用の相場
下眼瞼脱脂術 約20〜40万円
脂肪注入 約10〜20万円
ヒアルロン酸注入 約3〜10万円

ヒアルロン酸注入がもっとも安いですが、効果の持続期間が限定的であるため定期的な施術が必要となります。

一方施術費用の高い下眼瞼脱脂術は、効果が半永久的に持続します。

予算やその後の経過を考えて施術方法を選択することがおすすめです。

クマ取りの施術の流れ

ここでは、実際に施術を受ける際の流れについて紹介します。

  1. カウンセリング
  2. 施術方法の決定・施術日の予約
  3. 施術
  4. 経過観察

1.カウンセリング

まずはカウンセリングで、目元の悩みやどういったデザインに仕上げたいのかなどを話します。

予算なども考慮し、ひとりひとりに見合った施術方法を決めていきます。

2.施術方法の決定・施術日の予約

具体的な施術内容が決定したら、施術日の予約をしていきます。

仕事や学校の都合に合わせて予約を取るとよいでしょう。

3.施術

実際に施術をおこなっていきます。

基本的に、全ての施術を日帰りで受けていただく形となっています。

4.経過観察

経過観察中は自宅で過ごしていただきます。

基本的に普段通りに生活していただいて構いません。

仕事や学校も翌日からOKです。

腫れや内出血などの症状を助長させないためにも、無理をしないようにし、血行のよくなる行動は避けるようにしましょう。

KOBE美容皮膚科 西宮院は下眼瞼脱脂術と脂肪注入がおすすめ

KOBE美容皮膚科 西宮院では、クマ取りの施術として下眼瞼脱脂術と脂肪注入の同時施術をおこなっております。

目の下の膨らみの原因である眼窩脂肪は、加齢により前に出てきます。

この膨らみによって黒クマができたり、たるみが目立ってきたりするのです。

この部分を取り除くことで、クマやたるみが改善されますが、なかには施術後に目の下の凹みが目立つ、除去した部分の下がたるむといったケースもあります。

当院では、脂肪注入を併用して、施術後により自然な目元になるように工夫しています。

ヒアルロン酸注入という選択もありますが、脂肪注入のほうが効果が長く、注入した部位に脂肪が定着してくれる、アレルギーのリスクがほとんどないといった点から当院では脂肪注入を組み合わせているのです。

KOBE美容皮膚科 西宮院のクマ取りが気になるといった方は、ご相談だけでも承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

クマ取りの施術方法はさまざま!自分に合った方法で選ぼう


この記事では、クマ取りの施術方法について具体的に解説しました。

クマ取りは、施術によって方法や費用が違うため、ひとりひとり適した施術方法は異なります。

目元の悩みや予算を考えて施術方法を選択することがおすすめです。

どの施術方法がよいのか分からない場合には、クリニックで相談してみることをおすすめします。

この記事も参考にしながら、自分に合った施術方法を見つけてみてください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00