COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

クマ取り整形のダウンタイムはどのくらい?施術ごとの症状についても紹介

「クマ取り整形のダウンタイムの症状って?」

「ダウンタイムってどのくらい?」

「仕事は休んだ方がいいの?」

クマ取りの整形を受けたばかりの方やこれから受けようと思われている方のなかには、このような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

クマ取り整形のダウンタイムは比較的短く、症状も軽いのが特徴です。

この記事では、クマ取りのダウンタイム中の症状や期間などについて詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

クマ取り整形のダウンタイムの期間はどのくらい?


ここでは、クマ取り整形である以下の3つの施術方法のダウンタイムについて紹介しています。

  • 下眼瞼脱脂術
  • 脂肪注入
  • ヒアルロン酸注入

それぞれの期間は以下の通りです。

術式 ダウンタイムの期間
下眼瞼脱脂術 約1〜2週間
脂肪注入 約1〜2週間
ヒアルロン酸注入 約数日〜2週間

どの施術であってもさほど大差はありませんが、薬液を注入するだけのヒアルロン酸注入はダウンタイムが短い傾向にあります。

下眼瞼脱脂術では、腫れや内出血が治まるのに1〜2週間程度かかりますが、すべての症状が治まるのには3カ月程度かかることがあります。

クマ取り整形のそれぞれの特徴

ここではクマ取りのそれぞれの特徴を紹介します。

1.下眼瞼脱脂術

下眼瞼脱脂術とは、目の内側の結膜を数ミリ切開して、目の下の膨らみやたるみの原因となっている眼窩脂肪を取り除く施術方法です。

黒クマに有効な施術方法で、次に解説する脂肪注入と併用しておこなうことも可能です。

切開をともなう施術ですが、比較的ダウンタイムの症状が軽く期間も短いのが特徴です。

一度取り除いた脂肪はもとに戻ることがほとんどないため、効果が半永久的に持続します。

下眼瞼脱脂術が有効なのは黒クマのみであり、青クマや茶クマには効果がありませんので注意しましょう。

2.脂肪注入

脂肪注入とは、自分の体から取り除いた脂肪を目の下の膨らみやたるみによって凹んでいる部分に注入する施術方法です。

目の下の膨らみを自然に平らにするために、下眼瞼脱脂術と併用しておこなわれることがあります。

一度注入して定着した脂肪は半永久的な効果を発揮しますが、全ての脂肪が定着するとは限りません。

注入した脂肪のうち、組織に定着するのは約半分程度と言われています。

残りは体内に吸収されてしまいます。

脂肪を注入してすぐから皮膚のハリが期待できるのも嬉しいポイントです。

3.ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入とは、目の下のたるみやクマによってたるんでいる部分に薬液を注入する施術方法です。

ヒアルロン酸が目の下の凹みを改善してくれるため、たるみやクマを改善させることが可能です。

ただ、ほかの施術方法とは異なり効果の持続期間が約半年〜1年と限りがあります。

そのため、長期的な効果を持続させるためには、定期的な施術が必要となります。

一度の施術のみで長期的な効果を期待したいと思われている方には、ヒアルロン酸注入は向いていません。

また、目の下にヒアルロン酸を注射することにより、青黒く透けて見えたり、ぽこつきが出やすかったりするケースもあります。

クマ取りのダウンタイムの症状

クマ取りのダウンタイムの症状には以下の5つがあります。

  • 腫れ
  • 痛み
  • 赤み
  • むくみ
  • 血の涙

どの施術方法でも、施術直後から2日目をピークに腫れ・痛み・赤み・むくみといった症状が出現することがあります。

出現した症状は、1〜2週間かけて軽快していくことがほとんどです。

1〜2週間経過しても症状が治まらない、悪化するといった場合には、患部が炎症を起こしている可能性があるため、施術を受けたクリニックへ相談するようにしましょう。

また、下眼瞼脱脂術ではダウンタイム中に血の涙が出ることがあります。

施術終了後に、レーザーを使用し止血処置をおこないますが、それでも多少の出血がある場合があり、血の涙となって流れ出てしまいます。

時間の経過とともに軽快していきますが、症状が悪化する場合には、止血が上手くいっていない可能性があるため、速やかに相談するようにしましょう。

クマ取り整形のダウンタイム中の過ごし方

クマ取りのダウンタイム中は以下の3つに気をつけて過ごすようにしましょう。

  • 頭を高くして寝る
  • 血行のよくなる行動を避ける
  • 1週間程度は患部を冷やす

それぞれ詳しく解説します。

頭を高くして寝る

頭が心臓より低い位置になると、施術を受けた目の周りに血流が集中してしまいます。

それにより、腫れや赤み、出血などの症状が強く出てしまうことも。

特に横になるときは、枕を活用し頭の位置が心臓より低くならないように高くして寝るようにしましょう。

血行のよくなる行動を避ける

飲酒・入浴・運動などの血行のよくなる行動は、患部の腫れや痛み、内出血などの症状を助長させてしまうことがあります。

そのため、施術後1週間程度は、飲酒・入浴・運動などを避けて行動するようにしましょう。

1週間経過して、腫れや内出血などの症状が軽快していれば、飲酒・入浴・運動などを再開しても問題ありません。

1週間程度は患部を冷やす

腫れ・内出血・痛みなどの症状を軽くし、治りを早くするために、施術後1週間は患部を冷やすことがおすすめです。

冷やす際には、保冷剤を直接皮膚に当てると凍傷になってしまうため、必ずタオルなどでくるんでから当てるようにしてください。

KOBE美容皮膚科 西宮院はあなたに合ったクマ取りをご提案します

KOBE美容皮膚科 西宮院では、たるみの強いクマにお悩みの方におすすめな下眼瞼脱脂術と脂肪注入を同時に施術をおこなっております。

下眼瞼脱脂術によって、逆に目の下の凹みが目立ったり、除去した部分の下がたるんだりするのを防ぐことができます。

ヒアルロン酸注入も目の下の凹みやたるみを改善させる方法ですが、以下のメリットがある脂肪注入を当院では採用しています。

  • もちが良い
  • 注入した部位に定着してくれる
  • アレルギーのリスクが少ない

当院のクマ取りが気になるといった方は、ご相談だけでも承っております。

ぜひ、お気軽にお問合せください。

クマ取り整形のダウンタイムは比較的軽い!


この記事では、クマ取りのダウンタイムについて詳しく紹介しました。

クマ取りのダウンタイムは約1〜2週間程度で、症状も比較的軽いのが特徴です。

そのため、施術翌日から仕事や学校に行かれる方もいます。

ダウンタイム中は過ごし方に気をつけることで、症状の出現を抑えたり、症状を軽くしたりすることが可能です。

すでに施術を受けられた方はこの記事で紹介した過ごし方のポイントを参考にしてみてください。

これから施術を受けようと思われている方は、それぞれの施術の特徴を理解し自分にあった施術方法で理想の目元を手に入れてくださいね。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00