COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

クマ取りのダウンタイムの過ごし方を徹底解説
施術ごとの症状ついても紹介

「クマ取りの施術後ってどうやって過ごせばいい?」

「なるべく症状が出ないようにしたい」

「痛みを軽減させる方法ってあるの?」

目の下のたるみやクマに効果のあるクマ取りの整形ですが、ダウンタイム中はどうやって過ごせばいいのと疑問に思われている方もいるのではないでしょうか。

ダウンタイム中の過ごし方によって、症状を抑えることも可能です。

この記事では、クマ取りのダウンタイム中の過ごし方や症状などについて詳しく紹介しています。

これから、クマ取りの施術を受けようと思われている方や受けられたばかりの方は、ぜひ参考にしてみてください。

クマ取りのダウンタイム中の過ごし方


クマ取りのダウンタイム中は以下の3つに注意して過ごすようにしましょう。

  1. 枕などで頭を高くして寝る
  2. 飲酒・入浴・運動を避ける
  3. 1週間程度は患部を冷やす

それぞれ詳しく解説します。

1.枕などで頭を高くして寝る

頭が心臓より低いあるいは同じ高さで横になった場合、顔に血流が集中してしまいます。

そうすると、腫れや内出血などの症状が強く出てしまうことがあります。

施術後1週間程度は、枕などを活用して頭を高くして寝るようにしましょう。

2.飲酒・入浴・運動を避ける

飲酒・入浴・運動は、体の血液の循環が良くなる行為です。

クマ取りの施術をおこなったあとは、血液の循環が良くなると腫れや内出血などの症状を助長させやすくなります。

そのため、施術後一週間程度は血行の良くなる行動は避けるようにしてください。

3.1週間程度は患部を冷やす

腫れや内出血などの症状をなるべく抑えるために、施術後1週間程度は保冷剤などを活用し患部を冷やすようにしましょう。

冷やす際には、凍傷を防ぐために必ずタオルなどで保冷剤をくるむようにしてください。

クマ取りとは

ここでいうクマ取りとは、下眼瞼脱脂術のことを指しています。

下眼瞼脱脂術とは、目の結膜を数ミリ切開して、目のたるみやクマの原因となっている眼窩脂肪を取り除く施術のことです。

一度施術を受けるとその効果は半永久的に持続します(まれに再発することあり)。

また、ダウンタイムの症状も比較的軽いと言われています。

クマ取りのダウンタイムの症状と経過

クマ取りのダウンタイム中の症状には以下の5つがあります。

  • 腫れ
  • 赤み
  • 痛み
  • 内出血
  • 血の涙
  • むくみ

ダウンタイム中の経過は以下の通りです。

施術当日 腫れ・痛み・内出血
施術翌日〜3日目 腫れ・痛み・内出血などの症状がピークに
血の涙が出ることもあり
施術後1週間〜2週間 全ての症状が軽快

クマ取りのダウンタイムの症状は、施術後2〜3日目あたりをピークに1週間程度で軽快することがほとんどです。

なかなか症状が改善しない、症状が悪化する場合には施術部位のトラブルなどが考えられますので、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

クマ取りのダウンタイムに関するよくある質問

ここでは、クマ取りのダウンタイムに関するよくある質問を5つ紹介します。

  1. 仕事や学校を休む必要がありますか?
  2. どのくらい経ったらお酒が飲めるようになりますか?
  3. 腫れや痛みがなかなか引かない場合どうしたらよいですか?
  4. ダウンタイム中の内出血を早く治すにはどうしたらよいですか?
  5. クマ取りの腫れのピークはいつ頃ですか?

それぞれ詳しく回答します。

1.仕事や学校を休む必要がありますか?

絶対に休まないといけないわけではありませんが、2〜3日程度休みをとられる方が多い傾向にあります。

もちろん、翌日から仕事に行かれる方もいます。

クマ取りの施術後に気になる症状は、腫れと内出血です。

内出血が起こる確率は30〜40%程度と言われています。

起こったとしても、目の下がうっすら赤くなる程度でメイクでカバーできることがほとんどです。

内出血が起こりやすいのは施術後24時間以内と言われています。

また、腫れが生じた場合でもほとんどのケースで周りに気付かれない程度なため、大きく心配する必要はありません。

いずれにせよ、仕事を休むかどうかは個人の判断になりますが、施術後1日はゆっくり休むことをおすすめします。

2.どのくらい経ったらお酒が飲めるようになりますか?

施術後1週間経過したら、お酒を飲んでも大丈夫です。

1週間で腫れや内出血の症状が軽快するため、それ以降はお酒の影響を受ける心配はありません。

3.腫れや痛みがなかなか引かない場合どうしたらよいですか?

施術後の腫れや痛みは、施術後1週間程度で軽快することがほとんどです。

ただし、まれに1週間経過後も腫れや痛みが引かないことがあります。

この場合、施術部位が炎症を起こしていることが考えられますので、施術を受けたクリニックへ相談するようにしましょう。

4.ダウンタイム中の内出血を早く治すにはどうしたらよいですか?

内出血を早く治すためには、安静と冷却、患部を心臓より高くすることが大切です。

凍傷を防ぐためにも、保冷剤をタオルなどに包んでから冷やすようにしましょう。

5.クマ取りの腫れのピークはいつ頃ですか?

クマ取り後の腫れは、施術後1〜2日がピークです。

その後、1週間かけて軽快していきます。

KOBE美容皮膚科 西宮院では安心してクマ取りを受けていただけます

たるみの強いクマにお悩みの方は、KOBE美容皮膚科 西宮院のクマ取りがおすすめです。

たるみの強いクマにお悩みの方に有効な施術となっています。

当院では、クマ取り後のダウンタイムの症状をなるべく抑えるために、短時間での施術にこだわっています。

ダウンタイム中に仕事や学校の休みが取れないといった方でも安心して施術を受けていただくことが可能です。

当院のクマ取りが気になる方は、ご相談だけで来院していただいて構いません。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

クマ取りはダウンタイム中の過ごし方が大切


この記事では、クマ取りのダウンタイム中の過ごし方について詳しく紹介しました。

クマ取りのダウンタイムは、まったく症状がないわけではありませんが比較的軽い傾向にあるのが特徴です。

なるべく症状が出るのを防ぎたい、早く症状を抑えたいといった場合には、ダウンタイム中は気をつけて過ごしていただくことが大切です。

ぜひこの記事を参考にして、気をつけて過ごしてみてください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00