COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

脂肪注入を伴うクマ取り施術のダウンタイムは?症状やNG行動も解説

「脂肪注入を伴うクマ取りのダウンタイム期間は?」と疑問を感じたことはないでしょうか?

美容施術にダウンタイム(施術後体を休める期間)はつきものですが、具体的な期間や症状については知らないという人は、少なくありません。

クリニックに聞こうにも、カウンセリング=施術決定のように感じてしまい、どうにも聞きづらいと思うのも自然なことです。

本記事では、脂肪注入を伴うクマ取り施術のダウンタイムについて解説します。

参考にして、施術検討に役立ててください。

そもそもクマ取りとは?


クマ取りとは、目の下に現れる色の濃い部分・変色部分を改善し、元の自然な目元に戻す施術です。

厳密には目の下に限らず、目の周辺であればクマと呼びますが、一般的には目の下に症状が集中しています。

クマは放っておいても健康上の支障はありません。

しかし、審美性に与える悪影響は大きく、美容を意識するのであれば取った方が見た目が美しくなるでしょう。

クマ取りの効果

クマ取りは行うことで、以下のような効果を発揮します。

  • 目元を明るい印象にできる
  • 目元を若々しい印象にできる
  • 疲れたような印象を払拭する
  • 老けている・具合が悪いというイメージを改善できる

表情が明るくない、年齢を感じるという人には、特にクマ取り施術をおすすめします。

目元は顔の中でも目立つ部位であり、目元が明るくなると、顔全体の印象が変わります。

施術が困難になるのは黒クマ

クマとひとくちに言ってもさまざまな種類がありますが、中でも改善が困難なクマは黒クマです。

黒クマとは、上を向いたときに薄くなったり、引っ張って消えるクマのことを指します。

他のクマは自然に消えていたり、負担がとても軽い施術で改善できたりするのに対し、黒クマはセルフケアがほとんど効かず、自然に消えることもありません。

クマに悩みクリニックに来院する人は、大抵黒クマに悩まされています。

そのため本記事では、黒クマ取り施術について解説します。

クマ取りの施術

黒クマ取りの施術として行われるメニューは、一般的に以下の2つです。

  • 脂肪除去(脱脂)
  • 脂肪注入

当クリニックでは、上記2つの施術は原則セットです。

しかしすべてのクリニックで共通しているわけではなく、各院によって施術内容が異なる場合もあります。

本記事では参考として、脂肪ではなくヒアルロン酸注射を行うパターンについても解説します。

脂肪除去(脱脂)

脂肪除去とは、黒クマ(目の下のたるみ)の原因となっている脂肪を除去する施術です。

黒クマの原因は目の下に蓄えられている脂肪が、加齢や骨格などさまざまな原因から前に揬出し、たるみとなることです。

そのため、たるみ内の脂肪除去が必要となります。

施術部位は目の下ですが、目の下を直接切るわけではなく、下瞼の裏を数mm切開しそこから除去する切らない施術が現在主流です。

当クリニックにおいても、脱脂のために目の下を切開するようなことはいたしません。

切らない施術は傷が小さく外から見えないため、体や生活に対する負担が軽いです。

脂肪注入

脂肪注入とは、脂肪除去の後に脂肪を入れ直し、自然できれいな仕上がりにする施術です。

「脂肪を取ったのにまた入れるの?」と感じるかもしれませんが、脂肪を取ったままにしておくと、伸びた皮膚が余って小じわができたり目元がくぼんだりしてしまうケースが多いです。

改めて適切な位置に適切な量の脂肪を入れ直すことで、くぼんでもたるんでもいない美しい目元に戻すことができます。

クリニックによっては脂肪注入しない所もありますが、当クリニックではよりナチュラルな美を追求するため、脂肪注入は原則セットになっています。

【参考】ヒアルロン酸注入について

脂肪注入の代わりにヒアルロン酸注射を行い、同様の効果発現をはかるクリニックもありますが、当クリニックではヒアルロン酸での目元の整え施術は原則行いません。

ヒアルロン酸は脂肪と別成分です。

ボリュームアップは可能であるものの、施術後青黒く変色してしまい、かえって審美性が低下するケースがあります。

当クリニックでは、美しくかつ「自然な」目元を目指しているため、ヒアルロン酸での目元仕上げは受け付けていません。

クマ取りのダウンタイム

クマ取りのダウンタイムが気になる人は、以下のことを覚えておくと良いでしょう。

  • 症状
  • 期間
  • NG行動
  • 長引かせないためにすること

上記の他、気になる点があれば遠慮なくクリニックに相談してください。

症状

黒クマ取りのダウンタイムにおける症状は、主に以下のとおりです。

  • 腫れ
  • 痛み
  • 出血
  • 内出血

すべての症状が必ず出る、というわけではありません。

また、程度の強さも個人差があります。

一般的には自然に治っていきますが、明らかな異常が出たり症状が悪化してきた場合は、施術を受けたクリニックに相談してください。

期間

黒クマ取りにおけるダウンタイムの期間は、およそ2週間程度です。

前述したダウンタイムの諸症状も、2週間の間に治るのが一般的です。

人によっては数日で症状が消えてしまうこともありますが、自分では「元通りになった」と感じていても、体はダメージから回復していない場合があります。

2週間の間は、無理をしないでできるだけ体を休めましょう。

NG行動

以下の行動は、ダウンタイムを長引かせてしまうNG行動です。

  • 手で刺激する
  • 紫外線を当て続ける
  • 施術直後に飲酒・激しい運動・サウナ・長時間の入浴をする
  • クリニックの指示を破る

施術直後の飲酒などがNGである理由は、血行を促進しすぎてしまい、傷が開いてしまうためです。

体温が高くなるようなことや血流が良くなりすぎるようなことは、上記以外の行為でも止めておきましょう。

長引かせないためにすること

ダウンタイムを長引かせないためには、以下のポイントを心がけましょう。

  • 刺激を与えない
  • 紫外線を避ける
  • 施術直後はできるだけ冷やす
  • 施術後1週間ほど経ったら適度に温める

クリニックの指示に従う

施術直後冷やすのは、血流を鈍くして傷が開くのを防ぎ、治りを早めるためです。

1週間ほど経つと表面上の傷は塞がるため、温めても傷の治りを促すだけになり、出血には至りません。

KOBE美容皮膚科 西宮院でクマ取り施術を

クマ取り施術を検討している方は、ぜひ当クリニックにて施術をお受けください。

黒クマ取り施術は、医師の腕によって仕上がりが大きく左右されるため、軽い気持ちでクリニックを選択すると後から悔やむことになりかねません。

当院では傷を外に残さず、施術を受けたとわからないような自然な仕上がりを提供します。

ぜひ一度ご来院ください。

【まとめ】きれいな仕上がりには脂肪注入が必要


脂肪注入は、より美しい目元の仕上がりのために必要な施術です。

費用と時間を割いて施術を受ける以上、納得のいく結果を目指してクリニック・施術を選びましょう。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00