COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

クマ取りには脂肪注入が必要?施術方法やクマ取りの美容効果も併せて解説

クマ取り施術において、脂肪注入は重要なポイントです。

しかし、なぜ重要なのかは知らないという人も多く、「わざわざ脂肪を入れる意味とは?」と疑問に思うのも自然なことです。

本記事ではクマ取り施術において、脂肪注入を行う意味について解説します。

参考にして、施術への理解を深めてください。

クマ取りとは?


クマ取りとは、目の下に現れるクマを取り除き、元の明るい目元に戻す施術です。

クマとは厳密に言うと、目の周りに生じる肌の変色部分です。

目の下でなくとも、目の周囲で症状が出ればクマと呼びますが、大抵の人は目の下に症状が出ます。

クマには種類がありますが、いずれも一度出るとセルフケアでの解決は困難です。

中でも黒クマは、自力で解決できないと考えて良いでしょう。

クマ解消の美容効果

クマを解消すると以下のような効果が期待できます。

  • 目元に明るさがプラスされる
  • 顔全体が若々しい印象になる
  • 体調が悪い・疲労しているというイメージが改善される

言い換えるとクマを放置していた場合、老けたような印象や疲れているような顔つきになりがちです。

審美性を高めたい人は、クマを含む目元の印象に注意しましょう。

クマ取りの施術方法

クマ取りの施術方法は、主に以下の2つです。

  • 脂肪除去(脱脂)
  • 脂肪注入

厳密に言うとクマには種類があるため、すべてのクマが上記の施術で100%解決できるわけではありません

しかし、もっとも深刻かつ悩む人の多い黒クマは、上記の施術で改善可能です。

脂肪除去(脱脂)

脂肪除去とは、目の下のたるみの原因となる脂肪を取り除く施術です。

目の下にたるみがあると影ができますが、この影が黒クマです。

そのため黒クマ解決のためには、脂肪除去によるたるみ改善が必要です。

当クリニックで行っているのは、下瞼の裏を数mm切開し、そこから脂肪を取る「切らない脂肪除去」です。

現在脂肪除去の施術法としてはこちらが主流になりつつあり、直接目の下にメスを入れるケースは減少傾向にあります。

脂肪注入

脂肪注入とは、脂肪除去後の目の下に脂肪を入れ、自然な目元に仕上げる施術です。

美しい目元には適切な部位に適度の脂肪が必要であり、脂肪が多すぎたり前に揬出していてはいけませんが、脂肪が無いほど無条件に良いというわけでもありません。

美しい目元のためには、脂肪除去で一度脂肪を減らしておき、改めてバランスを見ながら脂肪を入れ直す必要があるのです。

そのため、脂肪除去後の脂肪注入を行います。

脂肪注入についてよくある質問

脂肪注入について、特によくある質問を以下にまとめます。

  • どのクマにも脂肪注入は有効?
  • 脂肪を取ったのに入れ直すのはなぜ?
  • 脂肪注入しないクリニックを見たのですが?
  • ヒアルロン酸ではなく脂肪を入れる理由は?

上記の他にも疑問があれば、クリニックに遠慮なく相談してください。

疑問を抱いたまま施術に進むのは、結果的にお互いのためになりません。

どのクマにも脂肪注入は有効?

脂肪注入は、残念ながらあらゆるクマに有効とは言えません。

そもそも、クマには4つの種類があり、具体的には以下のとおりです。

  • 黒クマ
  • 茶クマ
  • 青クマ
  • 赤クマ

上記のうち、脂肪注入が有効なのは黒クマ、赤クマです。

青クマに有効な場合もありますが、必ずというわけではありません。

また、茶クマに対しては脂肪注入で改善されません。

まずは、自分の悩みがどのクマに該当するのか、クリニックで判断してもらいましょう。

詳しい状況がわかれば、適切な施術もおのずと判明します。

脂肪を取ったのに入れ直すのはなぜ?

脂肪除去で脂肪を取り、その後に脂肪を入れ直すということに違和感を覚えるのは自然なことですが、脂肪注入は自然で美しい仕上がりに必要なことです。

脂肪除去でたるみ取りだけを行うと、目の下に小じわができてしまったり、不自然な仕上がりになってしまったりという結果になります。

適切な位置に適量の脂肪を入れ直すことで、適度にハリのあるきれいな目元になるのです。

「二度手間」「意味のないことをしている」と感じてしまう人もいますが、無意味なステップを踏んでいるわけではありません。

必要な施術だからこそ行っていることを、知っておいてください。

脂肪注入しないクリニックを見たのですが?

クマ取りにおける脂肪注入は、「しなければならない」と決まっているわけではありません。

そのため、クリニックの方針として「基本的に行わない」と決めている院もあります。

同じ美容クリニックでも、施術に対する主義が異なり、結果として施術メニューも異なるのは珍しくありません。

ただし、ナチュラルで美しい目元のためには、やはり脂肪注入が必要です。

クマ取りを行ってきれいな目を取り戻したいのであれば、脂肪注入を行っているクリニックを選んだ方が良いでしょう。

ヒアルロン酸ではなく脂肪を入れる理由は?

クリニックによっては脂肪でなくヒアルロン酸を入れる院もありますが、当院はヒアルロン酸を利用しません。

単に目元のボリューム調整という点を挙げるのであれば、脂肪でもヒアルロン酸でもそれほど大きな変わりはないでしょう。

しかし脂肪と違い、ヒアルロン酸はアレルギーが起こる危険性があります。

また、ヒアルロン酸を入れると、目元が青黒く変色してしまうケースもあります。

仮にアレルギーが起こらなくとも目元が変色してしまっては、結局新たなクマができてしまっただけで、解決になりません。

そのため、当院では脂肪注入を行い、ヒアルロン酸でのクマ取りは行いません。

美しい目元をKOBE美容皮膚科 西宮院で手に入れよう

クマ取りを行い、美しい目元になりたいという方は、ぜひKOBE美容皮膚科 西宮院にお越しください。

当クリニックでは自然な仕上がりにこだわっており、脂肪注入を欠かしません

それだけでなく、脂肪除去(脱脂)施術も丁寧に行っており、傷を小さく済ませるだけでなく、ムラや左右差を残さない技術力を誇っています。

クリニック選びに迷われている方や、施術で失敗したくないという方は当院のご利用を検討してください。

【まとめ】脂肪注入はきれいな仕上がりのポイント


クマ取り施術において、脂肪注入はきれいな仕上がりの重要なポイントです。

脂肪注入という施術名を聞いて、「かえってたるみが酷くなるのでは?」「何のために行うの?」という疑問が湧いてくるのは無理もありませんが、仕上がりを自然にしたいと考えている人ほど、重視すべき施術と言えるでしょう。

目の下の脂肪は、多いと黒クマの原因となってしまいます。

しかし、少なければ良いというわけではないことを踏まえて施術を検討してください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00