COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

クマ取りで脂肪注入すると内出血が起こる?原因や早く治す方法も紹介

クマ取りの施術を行うと内出血のリスクがあるのでは?と考えたことがある人は多いでしょう。

クマ取りは目元が施術部位であるため、内出血が起きると目立ちやすく、施術に二の足を踏む気持ちが生まれるのは自然なことです。

本記事では、脂肪注入を伴うクマ取りの内出血について解説します。

参考にして、負担の軽い施術を目指す手助けにしてください。

クマ取りとは?


そもそもクマとは、目の周囲の肌色が変色する症状のことであり、クマ取りとはその部分を元の自然な肌色に戻す施術です。

クマとひとくちに言っても種類があり、原因や施術方法はそれぞれ異なりますが、セルフケアがあまり効かず美容施術での治療が効率的な点は共通しています。

クマ取りの美容効果

クマ取りの美容効果は以下のとおりです。

  • 明るい目元
  • 若々しい印象の促進
  • 顔の疲労感の軽減
  • 暗い・老けている印象の払拭

クマをそのままにしていると、全体的に疲れて老けた印象が強まります。

言い換えると、クマを改善することで、明るく快活なイメージになれます。

クマを放置するリスク

クマをずっと放置していると、単に審美性が低下するだけでなく、悪化していく場合があります。

それに伴い、暗い・疲れている・老けているという印象はますます強くなります。

同時に改善も難しくなり、施術の所要時間が伸びたり、通院回数が増えたりします。

放置しても健康上の支障はありませんが、見た目への悪影響は大きくなっていくため、できるかぎり早めに改善しましょう。

クマ取りの施術方法

「クマ」とひとくちに言いますが、クマには種類があり、それに伴って施術方法も異なります。

具体的には、以下のとおりです。

黒クマ ・脂肪除去(脱脂)
・脂肪注入
青クマ ・レーザー治療
・脂肪注
茶クマ ・高濃度ビタミンC点滴
・レーザー治療
・ピーリング治療
赤クマ ・脂肪除去(脱脂)
・脂肪注入

上記の内、クマに悩み美容施術を受ける人は、ほとんどが黒クマに悩んでいます。

そして残念ですが、黒クマ取りの施術は施術法の性質上、内出血が起きる可能性があります。

クマ取り施術のメリット

黒クマ取り施術には以下のようなメリットがあります。

  • ダウンタイムが短い
  • 体への負担が軽い
  • 傷が外から見えない
  • 効果に永続性がある

傷が小さいことが大きなメリットであり、それに伴って体への負担が軽く、ダウンタイムが短くなります。

外から傷が見えないため、施術を受けたことも知られません。

また、黒クマ取り施術は一度行うと、効果が半永久的に持続します。

時間が経過しても一定の効果はあり、まったく何もしない人と一度施術を受けた人では、目元に差ができます。

クマ取り施術のリスク

黒クマ取り施術には、以下のようなリスクもあります。

  • ダウンタイムがある
  • ダウンタイム中は腫れなどの各種症状が出る
  • 無条件で誰でも受けられるわけではない
  • 一度行うと元に戻せない

黒クマ取りは、状態によっては受けられない場合があります。

どのような人でも常に受けられるというわけではないため、必ずクリニックで診断を受けましょう。

また、黒クマ取り施術は、一度行うと元の目元には戻せません。

そのため、腕の確かなクリニックを選ぶ必要があります。

クマ取りにおける内出血について

クマ取りにおける内出血については、以下の基本事項を踏まえておくと対応しやすいです。

  • 原因
  • 治るまでの期間
  • 発生を防ぐには
  • 発生してしまったら

上記の他にも疑問や不安があれば、施術前にクリニックに聞いておきましょう。

性格上言い出しづらいという人もいますが、黙っていると結果的にお互いのためになりません。

また、「施術後の内出血が気になる」と事前にクリニックに伝えておくのも、ひとつの方法です。

患者様が何を気がかりとしているのか掴めれば、クリニック側も対応しやすくなり、より納得感の深い施術になります。

原因

内出血の原因は、皮膚の内側で血管が傷つき、血液が血管外に漏れだしているのが皮膚に透けて見えていることです。

美容施術に関係なく起こる可能性があり、腕や足を強くぶつけたり、採血などで注射を打つだけでも、血管が皮膚内部で傷つき内出血に繋がります。

黒クマ取りの場合皮膚を直接切開しなくとも、脂肪を取り除いたり注入したりする過程で内出血が起こるケースがあります。

実際に切開する部分は下瞼の裏を数mmだけであるため、外に出血してくることは少ないですが、内出血は比較的起こりやすいため注意しましょう。

治るまでの期間

内出血が治るまでの期間には個人差がありますが、一般的には1週間程度できれいになります。

程度が軽ければ、数日で気にならなくなるケースも珍しくありません。

程度が酷くとも、2週間ほど経てば大抵の内出血は治ります

仮に完全に治らなくとも、色が黄色に近くなっていれば治ってきている証拠であるため、あまり心配は要りません。

もしも悪化してしまったり、数ヶ月単位で治らないようであれば、クリニックに相談しましょう。

発生を防ぐには

内出血を100%防ぐ手立てはありません。

しかし、できるだけ発生しないようにしたり、軽度で済ませる方法はあります。

腕の良い医師に施術を行ってもらうことです。

内出血の原因は、皮膚の内側で血管が傷つくことです。

腕の未熟な医師が施術を行うと、血管に対する余計な傷が増え、内出血がひどくなってしまいます。

発生してしまったら

内出血が起こってしまったら、下記のポイントを守って過ごすことで、治りを促進することができます。

  • 手で触れない(特に押す・揉むなどの行動はNG)
  • 施術直後は患部を冷やす
  • 施術後1週間ほど経過したら温める
  • 施術直後の激しい運動・飲酒・サウナなどは控える

施術後は刺激や血流の促進により、出血量が増えやすいです。

患部を冷やしたり、運動や飲酒を控えたりするのはそのためです。

しばらくすると傷が塞がり、漏れた血液が吸収されるのを待つ段階になるため、温めて代謝を良くし、自然な治りを促します。

KOBE美容皮膚科 西宮院のクマ取り施術

当クリニックには腕利きの医師が揃っており、高い技術力で施術を行います。

そのため内出血など、各種ダウンタイムの症状を最低限に抑えられます。

どこでも同じと安易にクリニックを決めてしまうと、思ったような仕上がりにならなかったり、ダウンタイムの症状が強く出たりします。

リスクを最小にしつつ美しい目元を手に入れたい方は、ぜひ当クリニックをご利用ください。

【まとめ】クマ取りの内出血リスクは低減できる


内出血のリスクをまったく0にすることはできませんが、低減させることはできます。

内出血が気になる場合は、クリニック選びを慎重に行いましょう。

もしも内出血ができても、施術直後は本記事で紹介したポイントを守ることで、程度を軽くしたり治りを早めることもできます。

また、ダウンタイム中はクリニックの指示に従い、できる限り体を休めましょう。

どの美容施術であれ、治療後は体がダメージを負っています。

無理をして体が疲労すると、その分治りが遅くなってしまいます。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00