COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

眼瞼下垂って20代でもなり得る?若くして眼瞼下垂になる理由を解説

「最近まぶたが重く感じるんだけれど、眼瞼下垂なのかわからない」

「眼瞼下垂の症状は20代でもなる可能性ってあるの?」

まぶたの重みが気になり始めた、眼瞼下垂かどうかわからないなどの悩みをお持ちの方も多くいます。

そもそも自分の症状が眼瞼下垂に当てはまるのか、若くても眼瞼下垂になるのかどうか知りたい方もいますよね。

本記事では、眼瞼下垂が20代でも生じる原因や手術前に知っておきたい疑問を解説します。

眼瞼下垂は放置して自然治癒する症状ではありません。

まぶたの重みや視界が狭くなったなどの症状が気になり始めたら、まずはクリニックに相談に訪れるのがおすすめです。

眼瞼下垂とは?


眼瞼下垂とは、上まぶたがあらゆる原因により下がってしまうことにより目が開きにくく視界が狭まる症状をさします。

原因には先天性なものと後天性のものと2種類ありますが、その多くは後天性のものです。

眼瞼下垂は眼精疲労を引き起こし、肩こりや頭痛などの症状を引き起こす恐れがあるとされています。

また、まぶたが下がることで外見の印象にも変化を与えます。

眼瞼下垂かどうかセルフチェックではわからないという方も、もしまぶたのたるみが気になる場合にはまずは相談に行くのがおすすめです。

20代でも眼瞼下垂になるの?原因も解説

20代でも眼瞼下垂になる可能性は大いにあります。

眼瞼下垂になる原因と、より20代が気をつけるべき原因を紹介します。

先天性の眼瞼下垂

もともとのまぶたを上げる筋力が弱い方、そもそも筋力が備わっていない方、その筋力への神経の伝達が悪い方は先天性の眼瞼下垂です。

生まれつきまぶたの開きが悪い方は、先天性の眼瞼下垂の可能性があります。

後天性の眼瞼下垂

後天性の眼瞼下垂は、目元への負荷がかかりすぎてしまっていると生じやすいとされています。

主な原因にはまぶたの筋力の低下、加齢や紫外線、コンタクトの使用による皮膚のたるみが挙げられます。

まぶたを擦るといった刺激を与える行為は眼瞼下垂を引き起こす可能性を増加させるため注意してくださいね。

20代が注意したい眼瞼下垂になりやすい原因

まぶたに負荷をかけることが多い20代は、後天性の眼瞼下垂になりやすいです。

つけまつげやまつ毛エクステなどの過度なアイメイクはまぶたに負担が多くかかります。

また、メイクを落とす際にもまぶたを強く擦るような行為には注意しましょう。

若い世代の方は、カラーコンタクトレンズを含むコンタクトレンズの着用をしている方も多くいます。

ハードタイプのレンズの場合は特に目元への負荷がかかりやすい上、レンズの着脱時にも負担がかかるため丁寧に行うようにしてくださいね。

20代の若い世代が気付きにくい眼瞼下垂の症状は?

眼瞼下垂の症状には、意外と自分自身では気づけないような症状もあります。

まず、まぶたが重くなると下がりやすくなるため、目が開きにくくなり眠そうだったり目つきが悪かったりといった印象になります。

眼精疲労を引き起こしやすくもなるため、ものが見えにくくパソコンやスマホで作業をしていても集中力が低下するように感じます。

特に20代の若い世代はパソコンやスマホに触れる時間が長くなりがちなので注意してくださいね。

また、その目の疲れにより肩こりや頭痛が引き起こされる場合もあります。

このような症状が出ていても、眼瞼下垂が原因だと気づけない場合もあるため、ぜひ参考にしてみてくださいね。

施術前に知っておきたいQ&A

眼瞼下垂の手術を受ける前に知っておきたいQ&Aを紹介します。

施術を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。

手術を受けるリスクや副作用はあるの?

眼瞼下垂の手術にも他の手術同様にリスクや副作用はあります。

大きなリスクとしては、まぶたの開きの左右差が生じる点が挙げられます。

施術直後の左右差は時間の経過で改善していきますが、手術がうまくいかなった場合や理想イメージが伝わっていなかった場合には完成した状態で左右差が生じてしまいます。

そういった事態にならないためにも、必ずカウンセリングで仕上がりの理想イメージを伝えて、相違がないか確認するようにしましょう。

また、副作用にはまぶたの開閉しにくさやドライアイといった症状が発症する場合があります。

しかしこれらの症状は一時的なため、半年程度で改善する場合がほとんどです。

もし気になる場合には、担当医にすぐに相談するようにしてくださいね。

眼瞼下垂を治すにはいくらかかるの?

眼瞼下垂の施術は、保険適用になる場合もあります。

保険適用されるポイントとしては、まぶたが下がり視界が狭まることにより日常生活に支障が生じてしまったり、眼瞼下垂が原因で肩こりや頭痛などの症状が引き起こされていたりする場合です。

保険適用の場合には片目2万円、両目で5万円前後が費用の相場になります。

対して、見た目を改善したいのが一番の目的の場合には自費診療になる可能性が高いです。

保険適用になる場合には比較的安価に受けられるため、まぶたの重さが気になる方は一度カウンセリングでご相談ください。

手術後の過ごし方で気をつけるポイントは?

手術後は、ダウンタイム期間があります。

腫れや赤み、内出血などのダウンタイムの症状を悪化させないような過ごし方に注意しましょう。

まず、患部は施術直後〜3日程度はタオルでくるんだ保冷剤で冷やすように意識しましょう。

その際に患部に保冷剤を直接押し付けたり、こすってしまったりすると刺激になるので気をつけてくださいね。

また、血行を促す行為は内出血を悪化させる恐れがあります。

激しい運動や長風呂・サウナなども控え、出来るだけ安静に過ごすことを意識するようにしましょう。

眼瞼下垂か気になったらKOBE美容皮膚科 西宮院へ相談

20代の方ですと、そもそも自分が眼瞼下垂なのかどうかが気になるところですよね。

心配に感じることがあれば、まずはカウンセリングで自分の症状を確認するところから始めましょう。

KOBE美容皮膚科 西宮院では、患者様一人一人に丁寧に寄り添い、不安点や疑問点の解消、アフターフォローにも力を入れています

眼瞼下垂かどうかまだわからないけど不安、という方はKOBE美容皮膚科 西宮院でぜひお気軽にご相談ください。

【まとめ】眼瞼下垂が気になったらすぐに相談しよう


自分がまず眼瞼下垂かどうか気になったら、まずカウンセリングで自分の症状が眼瞼下垂かどうか確認するところから始めてみましょう。

20代だから大丈夫というわけではなく、眼瞼下垂の症状は早めの対処が重要です。

まぶたのたるみが気になり始めたらぜひご相談くださいね。

また、眼瞼下垂にならないように注意しながら過ごすのも大切なので、まぶたに負担がかからないように日々意識してみましょう。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00