COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

眼瞼下垂は切らないで解決できる?施術の特徴を解説

眼瞼下垂に悩みつつ、解消には美容医療の力が必要と聞き、二の足を踏んでいる人は少なくありません。

切開に対し恐怖を感じる気持ちは自然なものであり、対象が目元となるとなおさら不安は強くなるでしょう。

しかし、眼瞼下垂は切らないで解決できるトラブルです。

本記事では、切らない眼瞼下垂施術について解説します。

参考にして、眼瞼下垂トラブル解消の手助けにしてください。

眼瞼下垂とは?


眼瞼下垂とは、簡単に言うと上まぶたを引き上げる力が弱く、目が開ききらない症状のことです。

人間のまぶたは、眼瞼挙筋によって引き上げられます。

しかし、眼瞼挙筋の力が弱いと上まぶたを引き上げる力も弱くなり、まぶたが上がりきらなくなるのです。

眼瞼下垂の症状がない人は、目を大きく見開くと黒目がすべて見えます。

対して眼瞼下垂の人は、目を見開いてもまぶたが黒目にかかってしまいます。

なお、目を見開く際、眉が上がったりおでこに横しわが入ってしまう人は、眼瞼下垂を疑った方が良いでしょう。

眉の上昇やおでこのしわは、眉や額の筋肉を使ってまぶたを上げている証拠のため、転じて上まぶたの力が弱いと言えるのです。

眼瞼下垂のデメリット

眼瞼下垂になると、以下のようなデメリットがあります。

  • 目が小さく見える
  • 眠そう・疲れていそうに見える
  • おでこにしわが寄ってしまう

いずれも審美性の低下に関わるトラブルであり、良いとは言えません。

一方で、眼瞼下垂の場合セルフケアで治すのはほとんど不可能のため、明るい目元にしたい人は、ぜひ美容医療を検討してください。

目が小さく見える

眼瞼下垂の人は、目が小さく見えてしまいます。

目そのもののサイズが同じであっても、上まぶたが常に黒目に被さっている人とそうで無い人では、目の大きさに対して受ける印象が変わります

まぶたが黒目に被さっている人ほど、実際以上に目が小さく見えてしまうのです。

眠そう・疲れていそうに見える

眠そうに見える、あるいは疲れていそうに見えるのも眼瞼下垂の特徴です。

常に上のまぶたが下がってしまっている人は、たとえ元気でも、人から見ると眠そうであったり、疲労が溜まっているように見えたりします

プライベートでも気になるものですが、中には仕事に悪影響が出てしまう人も少なくありません。

言い換えると、眼瞼下垂を解決すると、明るく元気な印象になれます。

おでこにしわが寄ってしまう

眼瞼下垂になると、おでこにしわが寄りがちになります。

「目の話なのになぜおでこの話に?」と思うかもしれませんが、まぶたとおでこは関係が深いのです。

眼瞼下垂によってまぶたが下がると視界が悪くなり、より前を見やすくするために、おでこの筋力でまぶたを持ち上げようとします

その結果、おでこにしわが寄りやすくなることに。

普段からおでこに横しわがある人は、100%眼瞼下垂が原因とは言い切れませんが、気になる場合は自分で確認してみましょう。

切らない眼瞼下垂のメリット

切らない眼瞼下垂には、以下のようなメリットがあります。

  • 切開を伴わない
  • ダウンタイムが短く済む
  • 傷跡が残らない

眼瞼下垂には、皮膚表面を切開する方法もあります。

しかし、切らない眼瞼下垂の場合は傷が小さく済み、それに伴ってダウンタイムが短くなります。

ひいては、体の負担が軽いのです。

切開に抵抗がある人にも安心して受けていただけます。

なお、眼瞼下垂の程度がひどく、一般的な病院で眼瞼下垂手術を受けると、表面を切開する方法になります。

美容クリニックと異なり、病院では審美性を考慮しないためです。

そのため、大がかりな施術が怖い人ほど、美容クリニックの利用がおすすめです。

切開を伴わない

切らない眼瞼下垂は、切開を伴いません。

そのため、切開が怖い人や、美容医療初心にも安心して施術を受けていただけます

切らない眼瞼下垂では、眼瞼挙筋を瞼板に縫い留めて固定します。

その結果小さい力で、簡単に困難なくまぶたの閉じ開きができるようになります。

ダウンタイムが短く済む

切らない眼瞼下垂は、傷が小さいため体への負担が軽く、ダウンタイムが短く済みます。

切らない眼瞼下垂の場合、ダウンタイムはおよそ1週間程度です。

長くても2週間あれば、ダウンタイムの症状はほとんど気にならなくなります。

対して、切開法の場合は2~3ヶ月かかります。

生活に与える影響も大きいため、眼瞼下垂を解消したい場合は、切らない方法がおすすめです。

傷跡が残らない

傷跡が残らない点も、切らない眼瞼下垂の魅力です。

切らない眼瞼下垂は、眼瞼挙筋を瞼板に縫い留めることで、眼瞼下垂を改善します。

そのため、施術時に付く傷は、縫合の跡になります。

ひいては傷が小さく、治りも早いため、残らずすぐに消えます

一方で切開の眼瞼下垂は、メスでまぶたを切ってしまうため、術後もうっすらと傷が見えるケースが少なくありません。

切らない眼瞼下垂がおすすめな人の特徴

切らない眼瞼下垂がおすすめな人の特徴は、以下のとおりです。

  • 審美性を保ちつつ眼瞼下垂を改善したい
  • 多忙のため施術後長く休めない
  • 体への負担は軽い方が良い
  • メスを使うのに抵抗がある

上記に当てはまる人は、切らない眼瞼下垂での目元改善をおすすめします。

神戸で眼瞼下垂を解決するならKOBE美容皮膚科 西宮院へ

神戸で眼瞼下垂を解決したい方は、ぜひKOBE美容皮膚科 西宮院へお越しください。

当クリニックは切らない眼瞼下垂施術を受け付けており、きれいで自然な仕上がりなど結果にこだわります

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

【まとめ】傷跡を残したくない人は切らない眼瞼下垂がおすすめ


傷跡を残したくない、体に負担をかけたくない人は、切らない眼瞼下垂がおすすめです。

傷が小さいため、生活に影響も出にくく、整形を受けたと察される心配もありません

ぜひ美容クリニックを利用し、審美性を上げつつ眼瞼下垂を解消してください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00