COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 756

二重整形は失敗のリスクあり?失敗事例や回避方法も解説

二重整形をしたいと考えつつ、「失敗したらどうしよう?」と二の足を踏む人は少なくありません。

実際に世の中には、二重整形を行った結果失敗してしまった、という事例があるのが現実です。

しかし、二重整形の失敗リスクは、行動次第で低減することができます。

本記事では、二重整形の失敗例や回避方法について解説します。

参考にして、リスクを最小限に抑えつつトラブルを解消してください。

埋没法による二重整形とは?


埋没法による二重整形とは、上まぶたを医療用の糸で縫い留め、二重のラインを作る美容医療です。

糸は皮膚に埋没するため、埋没法と呼ばれます。

医療用であり体によく馴染むため、縫い目や結び目が外から見てわかることはありません。

そのため、人から美容整形を受けたと悟られることなく、自然できれいな二重を実現できます。

なお、二重整形には切開を伴う切開法もあります。

しかし体への負担が大きいため、埋没法を希望する人が多いです。

二重整形の失敗事例

二重整形のよくある失敗事例は、以下のとおりです。

  • 二重幅が広すぎて不自然(ハム目になる)
  • 左右差がある
  • 仕上がりがイメージと違った
  • 傷が治らない
  • 瞼から糸が出てしまった
  • 目に違和感を覚える

上記のトラブルが発生したら、クリニックに再度相談に行きましょう。

特に傷に関わるトラブルは、放置していると大事になってしまう可能性があるため、必ず早めに診てもらうようにしてください。

二重幅が広すぎて不自然(ハム目になる)

二重の幅は、広すぎても不自然になってしまいます。

俗に言うハム目と呼ばれる状態です。

ハム目になると、かえって腫れぼったい目に見えてしまいます

また、明らかに整形だと悟られてしまいます。

せっかく施術を受けたのに、逆に審美性を下げてしまう結果になりかねないため、注意が必要です。

特に、「二重幅は広めに取りたい」と考えている人は気をつけなければなりません。

広めの二重幅に憧れるあまり、不自然の域に達しないようにしましょう。

左右差がある

左右差があるという失敗ケースもあります。

片目だけ見ればきれいな二重ですが、両目を見た際に左右の目のバランスが崩れており、違和感を感じてしまうのです。

普段の生活の中でも、体調次第で左右の目がややアンバランスになっている人はいます。

しかし二重整形で不自然になった場合、常にアンバランスな状態が続いてしまいます。

また、整形を悟られるきっかけになりかねません。

仕上がりがイメージと違った

きれいなものの、仕上がりがイメージと違ったという例もあります。

人によっては施術成功とみなせますが、人によっては失敗とみなされるケースです。

一番の原因は、カウンセリング不足です。

施術を受ける側とクリニック側の間で、イメージに食い違いが起きていると発生します。

また、人によっては「意見を言いづらく、理想を伝えられないまま施術に入ってしまった」ということもあります。

傷が治らない

糸で縫い留めた傷が治らない、というケースもあります。

ダウンタイム中に何らかの原因で、傷が悪化してしまった時などに起こる可能性が高まります。

二重整形に関わらず、美容医療の施術を受けた後のダウンタイムはとても大切です。

できる限り体を休め、傷の部分を刺激しないようにしなくてはいけません。

メイクや洗顔のタイミングは、クリニックの指示に従いましょう。

また、ダウンタイム中に明らかな異常が発生した際は、無理に我慢せずクリニックに相談してください。

瞼から糸が出てしまった

まぶたから糸が出てしまったというケースもあります。

まぶたから糸が出た場合、クリニック側の縫合ミスである場合と、糸の経年劣化の結果である場合があります。

いずれにしろ、放っておいても改善することはないため、再度クリニックに相談に行き、早期解決が必要です。

目に違和感を覚える

目に違和感を覚えてしまい、いつまでも消えないというケースもあります。

二重整形を行うと、施術直後は、多かれ少なかれ誰でも違和感があります。

しかし、いつまでも違和感が消えなかったり、逆に悪化してしまったりという場合は、クリニックに再度相談に行きましょう。

糸が取れてしまったらクリニックへ相談しよう

もしも埋没法の糸が切れ、完全に取れてしまった場合はクリニックに相談しましょう。

糸が切れたら結び直すことはできません。

そのため、二重に戻す場合は再施術が必要です。

また、再施術をするかどうかに関わらず、糸が取れたら目のために一度診てもらいましょう。

二重整形の失敗を回避するポイント

二重整形の失敗を回避するポイントは、以下のとおりです。

  • 腕の確かなクリニックで施術を受ける
  • カウンセリングを入念に
  • ダウンタイム中はクリニックの指示に従う

上記の条件は、いずれも大切なものばかりです。

一つもおろそかにしないようにしましょう。

腕の確かなクリニックで施術を受ける

もっとも重要なポイントですが、施術の際は腕の確かなクリニックで受けましょう。

二重整形における失敗の大部分は、クリニック選びをきちんと行うことで回避できます。

通院のしやすさや費用感も大切ですが、それらを最優先にしてはいけません。

技術力を一番大切にした上で、クリニック選びを行ってください。

カウンセリングを入念に

カウンセリングは入念に行いましょう。

クリニックの腕が良くても、施術を受ける人の理想イメージがわからない状態では、理想を実現させることができません。

自分のために、クリニックへのイメージ相談はきっちり行ってください

話しにくいと感じたら、他所のクリニックへ移るのも一つの手です。

ダウンタイム中はクリニックの指示に従う

ダウンタイム中は、クリニックの指示に従いましょう。

ダウンタイムで無理をしたり、クリニックの指示を無視したりすると、傷が治らず悪化する可能性があります。

結果としてきれいな仕上がりにならないリスクが高まるため、ダウンタイム中はきちんと休みましょう

神戸で二重整形をするならKOBE美容皮膚科 西宮院へ

神戸で二重整形をするなら、KOBE美容皮膚科 西宮院へお越しください。

当クリニックは高い技術力と、丁寧なカウンセリングで、結果にコミットすることを最優先に施術いたします

施術するのであれば結果を出したい、失敗したくない、という気持ちは自然なものです。

当クリニックは、そういった期待にお応えします。

【まとめ】二重整形の失敗リスクを低減しよう


二重整形の失敗リスクは、回避ポイントを抑えることで大きく低減可能です。

そのため、失敗を心配しすぎることはありません。

きれいな二重になりたいという方も、失敗したため再施術を受けたいという方も、ぜひ信頼できるクリニックを見つけ、理想の二重を手に入れてください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00