COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 672

Warning: Undefined variable $column_setbtn_reserve in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 745

40代で行うクマ取りにはどんな効果が?施術方法や重要ポイントも解説

40代になると、目の下にクマができて気になる一方、「この年でいまさらクマ取りしても…」と諦めの感情が出てしまい、施術に二の足を踏んでしまう人は多いです。

しかし、クマ取りはむしろ40代にこそ効果的と言えます。

本記事では、40代のクマ取りについて解説します。

参考にして、施術決断の手助けにしてください。

クマ・クマ取りとは?


クマとは、目の周辺に発生する肌色が変色した部分のことです。

一般的には目の下に現れますが、定義上は目の周りであればすべてクマです。

美容医療におけるクマ取りとは、変色部分を通常の肌の色に戻すための施術メニューのことです。

そのため同じクマ取りでも、クマの原因が変われば有効な施術が変わります。

40代は黒クマに悩んでいる人が多い

40代は、黒クマに悩む人が特に多くなるタイミングです。

クマとひとくちに言っても種類がありますが、青クマや茶クマなどの原因は、血行不良や度重なる目の下への刺激です。

言い換えると、年齢とクマの発生にあまり関係がないのです。

一方で黒クマは、目の下がたるむことにより生じる影が原因です。

ひいては加齢の影響が無視できないため、年齢層が上がるにつれて黒クマに悩む人が増加する傾向にあります。

クマ取りの効果

クマ取りの効果は、以下のとおりです。

  • 老けた印象を若々しい印象に
  • 目元を明るくする
  • アンチエイジング効果が高まる

総じて表情の印象が明るく若くなり、アンチエイジング効果があります。

言い換えると、クマを放っておくと老けた印象が強くなり、疲労感が感じられる表情になってしまいます。

40代こそクマ取りしよう

「40にもなっていまさらクマ取りなんて…」と年齢を気にする方は少なくありませんが、40代こそクマ取りをおすすめしたい年齢です。

前述しましたが、年齢を重ねるにつれて黒クマに悩む人は増加していく傾向にあります。

だからこそ40代でクマ取りを行い、明るい目元を取り戻した人は、周りと比べて審美性に差を付けられるのです。

クマ取りの施術方法

黒クマ取りの施術は、以下の2つを同時に組み合わせて行います。

  • 脱脂(脂肪除去)
  • 脂肪注入

クリニックによっては脂肪注入を行わないというケースもあります。

しかし当クリニックでは、より自然な仕上がりにするため、脂肪注入を行います

脱脂(脂肪除去)

黒クマ取りにおいて、一般的に行われる施術は脂肪除去(脱脂)です。

目の下のたるみから脂肪を取り、たるみを取り除くのです。

ただし除去の際は、下瞼の裏を1cmほど切開して取り除くため、顔の表面が傷つくわけではありません。

そのため、大がかりな施術は不安であるという人にも、安心して受けていただけます。

脂肪注入

脂肪注入とは、脱脂した後、目の下に脂肪を注入する施術です。

「脂肪を取り除いた後にまた入れるの?」と疑問に思うのも無理はありませんが、脂肪注入はとても大切な施術です。

単に脱脂のみを行っても、確かにたるみはなくなります。

しかし、代わりにくぼんでしまったり、でこぼこしてしまったりという状態になりやすく、結局審美性は低下したままという結果になりかねません。

きれいな目元にするには、まず脱脂で脂肪を取り除き、その後様子やバランスを見つつ、慎重に脂肪を入れ直す施術が必要です。

【参考】ヒアルロン酸注射について

黒クマ取りにあたって、脂肪の代わりにヒアルロン酸を注射するクリニックもありますが、当クリニックでは行いません。

ヒアルロン酸で目の下のボリュームを付け足すことは可能ですが、ヒアルロン酸はいずれ体に吸収されるため、効果に永続性がありません

また、ヒアルロン酸は透明であるため、血管の色が透けて見えてしまい目の下が青黒くなってしまうケースもあります。

脂肪は注入された部位に留まり続け、自然な肌色に見えるため、当クリニックでは脂肪注入のみでクマ取りに対応しています。

押さえておくべきクマ取りのポイント

クマ取りにおいて押さえておくべきポイントは、以下のとおりです。

  • 施術中は麻酔で痛みを感じない
  • 傷が外から見えない
  • 翌日からメイクOK
  • セルフケアでは改善の保証が無い

脱脂による黒クマ取りは、体への負担が比較的小さめです。

一方で、クマをセルフケアで改善することは難しく、特に黒クマは美容医療以外の改善手段が無いと言っても良いほどです。

施術中は麻酔で痛みを感じない

黒クマ取りは、施術中痛みを感じません。

施術の際は麻酔をしっかり効かせた状態になるためです。

わずかでも「切開をする」と聞くと、痛みが不安で怖いという人はいます。

その気持ちは自然なことですが、実際に施術中痛みを感じることは無いため、安心して施術を受けてください。

傷が外から見えない

クマ取りは一般的に、傷が外から見えません。

脂肪除去は下瞼の裏を切開し、そこから脂肪を取ります。

そのため、日常生活で人から見える部分に傷がつきません

脂肪注入の際も目の下にメスを入れることは無いため、表面上の傷は発生しません。

そのため、目立つところに施術の傷ができるのは避けたいという人にも適しています。

翌日からメイクOK

クマ取りは皮膚に傷ができないため、施術翌日よりメイクやシャワーが可能です。

脂肪除去の際も、傷ができるのは下瞼の裏であるため、メイクの影響を受けません。

そのため日常生活への支障が少なく、施術後比較的すぐに普段どおりの生活を送ることができます

仕事などが忙しく、ダウンタイムに休みを取る余裕がないという人にもおすすめです。

セルフケアでは改善の保証が無い

残念ですが、セルフケアではクマ取り改善の保証がありません。

特に黒クマの場合、セルフケアでの改善はほとんど不可能と言っても良いほどです。

セルフケアに期待できるのは、あくまで予防・悪化防止です。

すでに発生してしまったクマに対しての改善効果は望めません。

そのため、現在クマに悩んでいる人はセルフケアにこだわりすぎず、美容医療の検討をした方が良いでしょう。

神戸でクマ取りを考えている方はぜひKOBE美容皮膚科 西宮院へ

神戸でクマ取りを考えている方はぜひKOBE美容皮膚科 西宮院へお越しください。

当院のスタッフは数多くの症例を経験しており、豊富な実績を持っています

年齢に関係なく、美しい目元の実現にこだわり、満足していただける結果を出せるよう尽力します。

まずはカウンセリングだけでも構いません。

施術のイメージがわかないという人には、より詳しい説明もさせていただきます。

【まとめ】クマ取りは40代こそ効果的


「40代なのにクマ取りなんて」と考える人は少なくありませんが、美容の世界では、むしろ「40代だからこそクマ取りのタイミング」と言っても良いでしょう。

施術を受けるのがいくつになろうと、後ろめたく思ったり恥ずかしく感じたりする必要はありません。

ぜひ施術を受けて、クマのない目元を実現してください。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師


Warning: Undefined variable $status in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/footer.php on line 3

SCHEDULE

スケジュール

04月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
休診日
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
05月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
休診日
6
7
8
9
10
11
12
休診日
13
14
15
16
17
18
19
休診日
20
21
22
23
24
25
26
休診日
27
28
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00