COLUMN

コラム


Warning: Undefined variable $column_table_of_contents in /home/c6761797/public_html/nishinomiya-biyou.com/wp-content/themes/nishinomiya-biyou-2023/functions.php on line 683

バニーラインのボトックス治療とは?特徴や治療の流れを解説

「バニーラインのボトックス治療ってどんな治療?」

「ボトックス治療について知りたい」

このようにバニーラインのボトックス治療について気になっている方もいるでしょう。

バニーラインを解消するのにボトックス治療は有効な美容整形です。

本記事ではバニーラインのボトックス治療について紹介しています。

バニーラインのできる場所や原因についても解説しています。

ボトックス治療とは?

ボトックス治療とは、ボツリヌス菌由来の成分を注射することで、筋肉の抑制を起こし筋肉が弱まる効果でさまざまな美容効果を期待する施術です。

ボトックス治療のメリット

ボトックス治療のメリットを以下にご紹介します。

  • 筋肉の抑制
  • 筋肉の縮小
  • シワの予防・改善効果
  • 汗の抑制

ボトックス治療はボツリヌス菌由来の成分による筋肉の抑制でさまざまなメリットが得られる施術です。

筋肉が抑制されるので、笑顔で歯茎が大きく出てくるガミースマイルや、眉の上に力を入れ過ぎてしまう三角眉などの筋肉由来の症状に有効とされています。

筋肉の動きが抑制されると、筋肉がボリュームダウンするので小顔効果が期待できます。

エラの張りや輪郭のシェイプアップ効果も同様に改善できるでしょう。

筋肉が抑制されると表情の動きが減るのでシワの抑制・改善に効果が期待できます。

ほうれい線やバニーラインの改善に有効です。

筋肉の緩みで汗が抑制されるので肌質改善が期待できます。

ワキや頭皮、手の平や足の裏に注射すれば多汗症が改善できるでしょう。

ボトックス治療の注意点

ボトックス治療の注意点を以下にご紹介します。

  • 針を刺した際の影響
  • 筋肉抑制による表情のこわばり
  • アレルギー反応の可能性がある
  • 医師の技術力で差が出る

針を刺して施術をするので、内出血や腫れなどのリスクがあります。

一般的には2~3日程度で治まってくることが多いですが、重要な予定を施術直後に入れないようにしましょう。

筋肉を抑制する効果が強く出てしまうと、表情が不自然になってしまったり、こわばったりしてしまうこともあります。

まぶた大きく開けることが難しくなったり、噛む力が弱くなったりして生活が大変なようであれば施術したクリニックに相談しましょう。

アレルギーの可能性がありますが、これはどんな薬でも可能性はあります。

心配であれば、カウンセリングの際に相談しましょう。

ボトックス治療は医師の技術力で効果に差が出てしまいます。

打つ位置や注入する量に効果が左右されます。

技術力の高い医師を選んで施術しましょう。

バニーラインとは?バニーラインができる場所と原因

バニーラインに関して以下の2つについて解説します。

バニーラインができる場所

バニーラインは起こったり笑ったりしたときに、目頭の間や鼻の上にできるシワです。

バニーラインの名前の由来は、アメリカのウサギのキャラクターが怒った時に目頭の間にシワができるのでそこからとったといわれています。

バニーラインができる原因

鼻筋や上唇鼻翼挙筋の発達や緊張が原因で、動きによって何度もシワが入ると加齢とともにシワが残るようになってしまいます。

シワによって老け顔や怒った顔に見えてしまうシワがバニーラインです。

バニーラインのボトックス治療の流れを5ステップで紹介

バニーラインのボトックス治療の流れを以下に5ステップで紹介します。

  • カウンセリングを行う
  • マーキングを行う
  • 消毒・麻酔を行う
  • ボトックスを注射する
  • アフターケアを受ける

それぞれについて解説します。

カウンセリングを行う

カウンセリングを行います。

納得のいくまで丁寧なカウンセリングを受けて、ボトックス治療の疑問を解消しましょう。

HIFUやヒアルロン酸注射などどちらが自分の症状の解消ができるかを相談するのをおすすめします。

バニーラインのどのあたりにどのくらいの効果でボトックスを効かせるかのプランを立てます。

自分と医師の認識に差がないか確認するのがおすすめです。

マーキングを行う

施術する箇所にマーキングを行うこともあります。

定規を用いて左右差が出ないように注意してマーキングすることもあります。

医師によって詳細は異なるので気になるようであれば担当医師に確認しましょう。

消毒・麻酔を行う

消毒と麻酔を行います。

麻酔の効果によって痛みを抑えらえます。

麻酔の副作用として腫れやむくみが起こりますが、翌日までに薄れていきます。

ボトックスを注射する

施術プランを元にボトックス注射を施術します。

ボトックス注射は即効性の効果がありません。

施術直後は薬が入った感覚や重さを感じる方もいます。

2~3日くらいから徐々に効果が出始め10日くらいで筋肉抑制効果がしっかり出てくるとされています。

アフターケアを受ける

施術後はアフターケアを受けましょう。

ボトックス治療は副作用やリスクが少ない施術ではありますが、合併症かなと思ったらすぐに相談することをおすすめします。

バニーラインのボトックス治療は目の付近に行う施術なので、経過観察を怠らないようにしましょう。

日帰りでバニーラインのボトックス治療をするならKOBE美容皮膚科 西宮院がおすすめ

日帰りでバニーラインのボトックス治療をするならKOBE美容皮膚科 西宮院がおすすめです。

丁寧なカウンセリングから、きめ細かいアフターケアまで充実しているので気になった方は相談してみてください。

【まとめ】バニーラインの改善には日帰りで受けられるボトックス治療がおすすめ

バニーラインの改善には日帰りで受けられるボトックス治療がおすすめです。

ダウンタイムやリスクが少ない施術法なので、バニーラインが気になる方はボトックス治療を検討してみましょう。

記事監修医師プロフィール

KOBE美容皮膚科 西宮院

周平先生

国立神戸大学医学部卒業
製鉄記念広畑病院勤務(形成外科・皮膚科・内科)
湘南美容クリニック勤務(美容外科・美容皮膚科)
神戸朝日病院(皮膚科・内科)
複数の美容クリニックにて勤務、院長を歴任(美容外科・美容皮膚科)
2019年8月〜西宮SHUHEI美容クリニック 責任医師
2023年2月〜KOBE美容皮膚科 責任医師

SCHEDULE

スケジュール

07月/ 2024休診日:日曜日
1
2
3
4
5
6
7
休診日
8
9
10
11
12
13
14
休診日
15
16
17
18
19
20
21
休診日
22
23
24
25
26
27
28
休診日
29
30
31

CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらから

駐車場完備
18台
電話をかける
電話をかける
050-5526-4358 電話受付時間:9:30〜18:00